ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム:麻薬運び屋のマレーシア人の女に死刑判決

2020/06/23 03:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) PLO
(C) PLO 写真の拡大

 ホーチミン市人民裁判所は19日、麻薬密輸の罪に問われていたマレーシア国籍のシャリーナ・ビンティ・モハマド・ザイニ被告(女・30歳)に死刑判決を下した。

 同被告は2018年11月26日に、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイから旅客機でホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着したところで、違法薬物を所持していたとして当局によって逮捕。この時、同被告はスーツケース2つの中に合わせて400gのコカインを隠し持っていた。

 資料によると、同被告の実家は11人兄弟、本人は未婚で子供もいない。大学教育を受けているが、定職には就いていない。それにも関わらず、頻繁に海外旅行をしていた。

 2018年9月頃、同被告は旅先のラオスで、ある男性と知り合いになり、2か月後、香港に滞在していたときに連絡を受けて、また別の男性を紹介された。この男性から謝礼を払い、航空券も手配するので、ブラジルで資料を受け取ってホーチミンまで運んでほしいと依頼された。

 その後、2018年11月13日に香港からホーチミンに移動。その2日後にブラジルに渡った。現地のホテルでスーツケースを受け取って、ドバイ経由でホーチミンに戻り、タンソンニャット国際空港で御用となった。

[PLO 19/6/2020 - 14:46 U].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン、外国人437人の特例入国支援を要請 (6:31)
 ホーチミン市人民委員会は2日、公安省出入国管理局宛てに緊急公文を送付し、この中で外国人437人の特例入国を支援するよう要請した。  437人は専門家や企業経営者、高技能労働者、投資家などで、同市で事業...>> 続き
ベトナム、カンボジア当局による両国民の出入国制限解除を歓迎 (6:22)
 カンボジア当局が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として実施していた、カンボジア人のベトナムへの出国およびベトナム人のカンボジアへの入国の一時停止措置を解除したことを受け、ベトナム外務...>> 続き
葉っぱがお金の代わり、タイニン省の“仏様のバザー” (4日)
 東南部地方タイニン省には、お金を使わない奇妙なバザーがある。ここでは、来訪客が現金の代わりに葉っぱで商品を購入する。  このバザーは、ホアタイン郡(huyen Hoa Thanh)に住む医師ブイ・クオック・タイ...>> 続き
フエ:阮朝時代の城門2基、住民立ち退きで再発見 (4日)
 このほど、北中部地方トゥアティエン・フエ省フエ市トゥアンロック街区(phuong Thuan Loc)で住民の立ち退きに伴い家屋が取り壊された際に、グエン(阮)朝(1802~1945年)時代のものとみられるレンガ造りの城門2基...>> 続き
国と省庁・政府機関の予算透明度、共に大幅改善 (3日)
 予算透明連盟(BTAP)および開発統合センター(CDI)が発表した「予算公開指数(Open Budget Index=OBI)」および「省庁・政府直属機関の予算透明度指数(Ministry Open Budget Index=MOBI)」の2019年版によると、国...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)