ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ベトナムから帰国の日本人、成田で新型コロナ陽性

2020/08/02 12:04 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ベトナムから日本に帰国した日本人男性(75歳)が1日、成田国際空港到着時に受けた新型コロナウイルス検査で陽性と判明した。南中部高原地方ラムドン省ラックズオン郡人民委員会が同日夜に明らかにした。

 この男性はラックズオン郡にある会社の社長で、7月31日にラムドン省リエンクオン国際空港からベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)のVN7385便でホーチミン市タンソンニャット国際空港に移動し、同日夜に成田行きの便に搭乗した。

 成田到着後、空港での検査で陽性となり、入国後そのまま隔離施設に移り、ベトナム側の社員に現地当局へ報告するよう連絡したという。

 これを受けてラムドン省当局は、現時点で男性の感染は確定していないとしながらも、男性が勤める会社の社員23人と現地で男性と接触した人々を隔離したほか、ラックズオン郡のオフィスを封鎖するなど、感染拡大予防策を講じている。接触者およびその家族は新型コロナウイルスの検査を受け、結果を待っている。

 男性はこれに先立つ7月17日午前にVN7385便でラムドン省からホーチミン市に移動。空港から1区リートゥチョン(Ly Tu Trong)通りにあるカレー専門店「CoCo壱番屋(CoCo Ichibanya)」へ行き、その後ビンタイン区、2区などの複数の場所を訪れた。同日は4区のリバーゲート・レジデンス(RiverGate Residence)に宿泊した。

 翌18日もホーチミン市に滞在し、1区レズアン(Le Duan)通りのイタリアンレストラン「バジリコ(Basilico)」へ行った後、タンビン区の「ナムアンマーケット(Nam An Market)」に立ち寄ってからタンフー区の「イオンモール・タンフーセラドン(Aeon Mall Tan Phu Celadon)へ向かった。その後、12~14時ごろに4区のホテルへ戻った。

 19日午後にジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)のBL352便でホーチミン市からラムドン省へ戻り、ダラット市のアナダホテル&スイーツ(Anada Hotel & Suites)に宿泊。20日から28日まで同ホテルからラックズオン郡の会社に出勤した。

 この間、ダラット特産品専門店「Ngon La Da Lat」、市内の日系企業、スーパーマーケット「ビッグCダラット(BigC Da Lat)」を訪れた。29~30日にも会社のほか、ダラット市内の日系企業やカフェ、ファストフード店など複数の場所を訪れたという。

 ラムドン省保健局によると、日本到着後も男性は熱や咳などの症状がないという。男性は6日に2回目の新型コロナ検査を受ける予定だ。

最終更新:2020年8月2日 16:07JST

[Tuoi Tre 22:20 01/08/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
洪水被害のクアンチ省で類鼻疽が流行、4人死亡 (4:57)
 10月から11月にかけて台風や熱帯低気圧の影響で度重なる自然災害に見舞われた北中部地方クアンチ省で、危険性の高い類鼻疽(るいびそ、グラム陰性桿菌である類鼻疽菌感染を原因とする人獣共通感染症)が流行し、...>> 続き
産後1週間の女性が一酸化炭素中毒死、「炭で身体を温める」風習で (25日)
 南中部高原地方ザライ省ダクドア郡チャン村(xa Trang, huyen Dak Doa)で19日、産後1週間の女性が一酸化炭素中毒により死亡した。  死亡したのはN.T.Lさん(1995年生まれ)。Lさんの家族はベトナムの風習に従...>> 続き
カラオケで騒音トラブル、隣家に火炎瓶投げ男性火傷 ハノイ (25日)
 ハノイ市タインチー郡タンチエウ村(xa Tan Trieu)で21日午後11時20分ごろ、男性が隣家に多数の火炎瓶を投げ付け、周囲は一時騒然となった。  火炎瓶を投げたのはグエン・フイ・ゴックさん(男性・61歳)。隣...>> 続き
保健省、医療関連情報公開ウェブサイトを開設 (24日)
 保健省は20日、5つの分野の医療サービスに関する情報を公開するウェブサイト<https://congkhaiyte.moh.gov.vn>を開設した。  5つの分野と公開する内容は次の通り。 ◇医薬品・化粧品:医薬品の流通価格...>> 続き
「最低限の生活に必要な金額」、21年から基準引き上げへ (24日)
 労働傷病兵社会省は、2021年~2025年に適用する新たな貧困基準に関する政令草案を政府に提出し、「最低限の生活に必要とされる金額」の基準を引き上げることを提案した。  新たな「最低限の生活に必要とさ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited