ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

フエ:アーソー空港のダイオキシン除染プロジェクトが始動

2020/10/06 05:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 国防省は2日、北中部地方トゥアティエン・フエ省アールオイ郡(huyen A Luoi)にあるアーソー(A So)空港のダイオキシン除染プロジェクトを始動した。投資額は700億VND(約3億2000万円)で、2020年から2022年にかけて実施する。

 フエ市中心部から約100km離れたところに位置するアーソー空港は、ベトナム戦争によるダイオキシン除染が深刻な地域の1つとなっている。

 ベトナム戦争中、米軍はアールオイ郡のアーソー渓谷を野戦空港として使用していた。さらに、この地域は有害化学物質の保管場所でもあり、ベトナム中部に有害化学物質を散布するための米空軍の中継地点でもあった。

 そのため、1961年から1971年にかけてアーソー空港、そしてトゥアティエン・フエ省全体がダイオキシンの深刻な影響を受けた。省内では1万6000人近くが、アールオイ郡だけでも約5000人が枯葉剤の被害に遭った。

 今回のプロジェクトに向けた基礎調査の結果、アーソー空港のダイオキシン汚染エリアを面積約5ha、深さ平均0.7mと特定した。このうち6600m2のエリアは汚染が最も深刻だという。除染処理の必要がある汚染土壌の総量は3万5000m3となっている。

[Tuoi Tre 14:22 02/10/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナム、22年6月までに新型コロナワクチン1.5億回分を調達 (26日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防国家指導委員会が24日、政府に報告したところによると、ベトナムは2022年4~6月までに7回に分けて新型コロナウイルスワクチン1億5000万回分を調達する。  ワクチン...>> 続き
ホーチミン:不要不急のサービス、3月1日から一部営業再開 カラオケやディスコは休業継続 (26日)
 ホーチミン市人民委員会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として営業を一時停止している不要不急のサービスについて、カラオケ、ディスコ、バー、パブ、ビアクラブ、閉鎖空間にあるスポーツ施設を除...>> 続き
新型コロナ:ハイズオン省で市中感染7人、入国者2人も陽性 (26日)
 保健省の25日午後6時と26日午前6時の発表によると、北部紅河デルタ地方ハイズオン省で市中感染による新型コロナウイルス陽性患者7人が新たに見つかった。また、海外から入国した2人も陽性と判明した。  市...>> 続き
ハイズオン省:感染流行地区住民の支援でコメATM6台を設置 (26日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市中感染拡大が続いている北部紅河デルタ地方ハイズオン省に自動コメ配り機(コメATM)」6台が設置された。  これは、フンファット貿易サービス株式会社(Hung Phat)とカ...>> 続き
クアンナム省:日本支援の橋、完成後も開通できず 住民が土地収用に不服 (26日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市(TP. Hoi An)とディエンバン町(thi xa Dien Ban)を結び、トゥーボン川(song Thu Bon)に架かるカムキム橋(cau Cam Kim)が完成後も開通できないままとなっている。  カ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited