ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:買い物代行の実行率84%、1週間で41万世帯に対応

2021/08/31 06:19 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防指導委員会は29日に記者会見を開き、厳格な社会的隔離措置の適用期間中に市民の生活を確保するための対策の実施状況を発表した。

 軍や警察、ベトナム祖国戦線、女性協会、ホーチミン共産青年同盟(青年団)、地域の自治会などのメンバーから成る「買い物代行部隊」は23日から28日までの期間に、代行依頼があった50万8666世帯のうち41万1922世帯に生活必需品を届けた。実行率は84%となっている。市民は週に1回のペースで買い物代行部隊に依頼することが可能。

 また、同期間に、11万5973袋分の食品を困窮している社会的弱者に提供した。これにより、8月15日から29日までの期間に提供した支援物資の数は96万0210袋となっている。

 さらに、市からの働きかけを受け、2万人以上の大家が貸し部屋27万3728室の家賃を減免した。減免した総額は1580億VND(約7億6000万円)と試算される。

 このほか、ホーチミン市ベトナム祖国戦線委員会は、慈善活動に従事する人々を対象に46万5000枚の通行許可証を発行した。

 なお、8月23日からの1週間に、外出制限の規定に違反した6296人が処分を受けた。市は違反者に対し、合わせて86億VND(約4200万円)の罰金を科した。

 同市では、9月15日までに新型コロナの第4波を制御すべく、8月23日午前0時から新型コロナ対策をさらに強化しており、通行許可証を持つ対象者や救急などの場合を除き、市民の外出は一切禁止されている。

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 18:54 29/08/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
22年の祝日、テト9連休・建国記念日4連休を政府に提案 労働省 (6:52)
 労働傷病兵社会省は、2022年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2022年2月1日)と9月2日の建国記念日に伴う休暇について、テトを2022年1月29日(土)から2022年2月6日(日)までの9連休、建国記念日を2022年9月1日(木)...>> 続き
ホーチミン:市の感染流行レベル維持、3つの区・郡は引き上げ (6:12)
 ホーチミン市人民委員会は6日、同市の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染流行状況レベルに関する通知を発表し、市の感染流行レベルを「レベル2」で維持した。  ただし、市内の3つの区・郡は先週から...>> 続き
ホーチミン:中心部でシェアサイクルを試験導入、10日から (4:42)
 ホーチミン市でシェアサイクル事業の展開を計画するチーナムグループ(Tri Nam Group)は、同市中心部で10日から公共自転車(コミュニティサイクル)サービス「モバイク(Mobike)」を試験的に導入する。試行期間は1...>> 続き
新型コロナ:6日の市中感染1万4558人、累計感染者132万人超 (6日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する6日の発表によると、59省・市で市中感染者1万4558人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては15日連続で1万人を超えた。海外からの入国者33人も陽...>> 続き
アフリカ10か国からの旅客便受け入れ停止を提案、日本からの入国者も隔離強化の方針 オミクロン株対応 (6日)
 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は3日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の侵入を防ぐべく、交通運輸省に対し、アフリカ10か国からの特別便を含む全ての国際線旅客便の受け入れ一時...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited