ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ビンフオック省:ワクチン接種後に12歳男児が死亡 未成年接種で3例目

2021/12/02 14:33 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 年末年始にかけて学校での対面授業再開を目指しているベトナムでは、各地で未成年者に対するワクチン接種が加速しているが、このところ接種後の死亡例が相次いで確認されている。

 東南部地方ビンフオック省では29日、ドンフー郡(huyen Dong Phu)在住の12歳男児が米ファイザー(Pfizer)製ワクチンの接種後に帰宅。夕食をとり、就寝しようとしたところ、腹痛や下痢などの症状が現れたため、家族の手で地元の病院に搬送された。その後、設備が整ったホーチミン市の病院に転送されたが、翌朝に死亡した。

 ビンフオック省保健当局は現在、死因とワクチン接種の因果関係について調査している。同省では現在、12~17歳の未成年者を対象としたワクチン接種キャンペーンを実施中。1回目のワクチン接種率は、これまでに同省の同年代人口の98.1%に上っている。

 これに先立ち、東北部バクザン省では16歳の少年がワクチン接種後にアナフィラキシーショックを起こして死亡。ハノイ市でも女子中学生がワクチン接種後に死亡する事故が発生している。

 いずれのケースでも、保健省が12~17歳の未成年者に接種するワクチンとして指定したファイザー製が使用されていた。保健省は、ワクチン接種によるアナフィラキシーショックが死因となった可能性があるとしているが、ワクチンの品質や接種作業に問題はなかったと説明している。

Clip to Evernote
[VnExpress 17:05 30/11/2021,U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ハノイ:テトの花火打ち上げ中止、人民委が通知 (13:33)
 ハノイ市人民委員会は、2022年のテト(旧正月)を祝う打ち上げ花火の中止を正式に通知した。  これに先立ち、市人民委員会は旧暦元旦に当たる2月1日の午前0時から同市ハイバーチュン区トンニャット公園(cong ...>> 続き
保健省、新型コロナ感染流行状況に関する新ガイダンス発表 (6:00)
 保健省は27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染流行状況評価に関する新たなガイダンスを発表した。同ガイダンスは即日発効となった。  ガイダンスによると、感染流行状況は◇新規市中感染、◇住民...>> 続き
21年の世界腐敗指数、ベトナムは180か国中87位 (5:42)
 世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International=TI)は25日、「2021年の世界腐敗認識指数(CPI)」を発表した。ベトナムは前年から+3ポイン...>> 続き
多くの妊婦がテト前の帝王切開希望、寅年生まれ嫌って (5:31)
 ベトナムではテト(旧正月)が近付くと、出産時期をテトの前または後にずらして欲しいと医師に頼み込む妊婦が増える。生まれた干支によって、運勢が左右されると信じられているためだ。  ホーチミン市医科薬...>> 続き
ハノイ:2月8日から路線バスの定員制限を撤廃へ (3:13)
 ハノイ市はテト(旧正月)明けの2月8日から、路線バスの定員を100%に戻して運行することを計画している。同市では2月8日から中高生の対面授業が再開される予定で、通学のため移動需要が増加すると予想される。 ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited