ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

コロナ禍の特別便認可を巡る汚職事件、次期駐日大使に内定済みの外務次官を収賄容疑で逮捕

2022/04/18 04:58 JST配信
2022/04/18 10:35 JST最終更新
(C)vnexpress
(C)vnexpress 写真の拡大

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を背景に運航された帰国者向け特別便の認可を巡る汚職事件で、公安省傘下の治安捜査機関はこのほど、トー・アイン・ズン外務次官(男・58歳)を収賄容疑で新たに逮捕した。

 これは公安省事務局長 兼 報道官のトー・アン・ソー中将が14日に明らかにしたもの。

 さらに、保健省傘下の医療設備工事局の職員ファム・チュン・キエン容疑者(男・41歳)と公安省傘下の出入国管理局の元職員ブー・アイン・トゥアン容疑者(男・43歳)の2人も、同じく収賄容疑で逮捕された。

 ズン容疑者は1991年に外務省に入省し、東南アジア・南アジア・南太平洋局に配属。その後、同省の複数機関で多くの役職を歴任し、2019年に外務次官に就任。2022年1月には、駐日ベトナム大使 兼 駐マーシャル諸島ベトナム大使に内定していたが、正式には就任していなかった。

 新型コロナが2020年に発生してから現在までに800便以上の特別便が運航され、60か国・地域以上からベトナム人約20万人が帰国したが、この特別便に搭乗するためには、通常より高額な運賃を支払ったり、煩雑な手続きを行ったりしなければならず、問題となっていた。

 同事件では、外務省傘下の領事局の要職4人(領事局長、領事副局長、領事局事務部長、領事局国民保護副部長)が1月下旬に、アンビン・エア・サービス(An Binh Air Services And Tourism Trading=An Binh ASC)の社長ホアン・ジエウ・モー容疑者(女・42歳)が3月下旬にそれぞれ逮捕され、捜査を受けている。

 警察は、違反者を厳格に処分すべく、事件の全容解明に向けて引き続き捜査範囲を拡大している。

Clip to Evernote
[VnExpress 19:02 14/04/2022,NLD 19:16 14-04-2022 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
著作権違反コンテンツ、ベトナム人の61%がサイト上で閲覧 (14:42)
 著作権侵害対策連盟(CAP)の調査結果によると、アジアの一部の国ではアプリやストリーミング、トレント(torrent)サイト、SNSを通じて著作権違反のコンテンツを閲覧する行為が横行している。  マレーシアとフ...>> 続き
ハノイ:1~9月期のバス利用者数2.1億人超、前年同期比+25%増 (14:23)
 2022年1~9月期におけるハノイ市のバス利用者数は前年同期比+25%増の2億1270万人だった。  バスの利用者数が増加した要因として、◇新規11路線の運行を開始したこと、◇8路線のルートを最適化し、運行エリア...>> 続き
ベトナム、10月10日を「財政省DXの日」に制定 (14:21)
 財政省はこのほど、毎年の新暦10月10日を「財政省デジタルトランスフォーメーション(DX)の日」とすることを決定した。  財政省のDX事業を加速化させ、2030年までを視野に入れた2025年までのDX計画で割り当...>> 続き
国内初確認のサル痘感染者、検査結果は陰性に 健康状態も良好 (4:38)
 ホーチミン市熱帯病病院のレ・マイン・フン副院長は4日、ベトナム国内で初めて確認されたサル痘の感染者(女性・35歳)について、同病院での12日間の治療を経て熱は下がり、水ぶくれはかさぶたになって剥がれ、検...>> 続き
前大阪総領事ら3人を逮捕、コロナ禍の特別便認可を巡る汚職事件 (4日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を背景に運航された帰国者向け特別便の認可を巡る汚職事件で、公安省傘下の治安捜査機関は4日、前在大阪ベトナム総領事のグエン・ホン・ハー容疑者(男・58歳)ら3人を新たに...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved