ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

余命6か月宣言の末期肺がん患者、20年近く経っても元気はつらつ

2022/12/01 06:36 JST配信
(C)vnexpress
(C)vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市に住むチャン・ティ・ルアさん(女性)は20年近く前の55歳の時、肋骨まで転移した末期の肺がんと診断され、医師から「余命6か月」の宣言を受けた。しかし、74歳になった今もぴんぴんしており、子供らの家事を手伝っている。

 がんが見つかった年、彼女は突然の呼吸困難に襲われ、検査のためにタインニャン病院(ハノイ市)に運ばれた。検査の結果、肺にアヒルの卵ほどの大きさの腫瘍があることが確認されたが、医師はそれを良性腫瘍と診断し、薬を処方しただけだった。

 数か月後、再検査を受けたところ、肺の腫瘍が大きくなっていたため、タインニャン病院は中央肺病院(ハノイ市)と協力して生体検査(細胞診)を行った。すると、ルアさんはステージ4の肺がんを患っていることが発覚。放射線と投薬による治療を受けたが、衰弱していく一方だった。

 ルアさんの家族はそれでも諦めず、ベトドク(越独)友好病院(ハノイ市)に手術を依頼。これに対し、医師は「腫瘍が肋骨に転移しており、あとは死を待つだけの状態だ。手術を受けなければ、6か月は家族と一緒に最後の時間を過ごすことができる」と言い、手術を勧めなかった。

 いつまでもふさぎ込んでいても仕方ないと思った彼女は退院後、楽観的思考を心掛けて幸運を祈り、体にいいとされる漢方薬やパパイヤ茶を積極的に摂取し、心配する家族を逆に励ます存在になろうと決意した。

 ルアさんは約4年間、漢方薬とパパイヤ茶を飲み続けた。腫瘍が消えることはなかったが、体調は発症前並みに回復したため、漢方薬とパパイヤ茶を飲むのをやめた。以降は薬や機能性食品を一切使用していないが、もう16年近く普通に生活している。

 ルアさんが、がんと診断された時に未婚だった子供2人は今、いずれも出世し、結婚してそれぞれの家庭を築いており、子供も設けている。「結婚など子供の人生の重要なイベントに立ち会いたいと思い、それが生きる気力となりました。病を克服するには楽観的な気持ちが大切です」と語るルアさん。

 そんな彼女は先日、可愛い孫たちに囲まれて74歳の誕生日を迎えた。なお、統計総局(GSO)によると、2021年時点のベトナム人の平均寿命は74歳となっている。

Clip to Evernote
[VnExpress 05:00 27/11/2022 U].  © Viet-jo.com 2002-2023 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
新型コロナ:28日の新規感染者18人・死者なし (28日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する28日の発表によると、国内で感染者18人が新たに確認された。  28日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1152万6395人となっている。  新...>> 続き
ベトロト、「億万長者」の夢つかんだ人々のエピソード (28日)
 財政省傘下のベトナムコンピュータ宝くじ社(ベトロト=Vietlott)が運営する、数字選択式宝くじ。最も高額な賞金が設定されている「パワー6/55」(1から55までの数字から6つの数字を当てる)の最高賞金額(第1特賞...>> 続き
新型コロナ:27日の新規感染者12人・死者なし (27日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する27日の発表によると、国内で感染者12人が新たに確認された。  27日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1152万6377人となっている。  新...>> 続き
22年のコックコック検索ワード、「教育」「家族」「スポーツ」が最多 (27日)
 ベトナムで検索エンジンを運営するコックコック(Coc Coc、ハノイ市)は、2022年の検索ワードの傾向をまとめたレポートを発表した。最も検索が多かった15のテーマが紹介されている。  2022年は、ベトナムを含...>> 続き
ハノイ:高級売春ルート摘発、元締めの女子大生を逮捕 (27日)
 公安省刑事警察局は19日、ハノイ市警察と協力し、大規模な高級売春ルートを摘発したことを明らかにした。  同ルートを率いて仲介役を務めていたホアン・ティ・ニャット・レ容疑者(女・23歳、ハノイ市在住)...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2023 All Rights Reserved