ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

家族経営からの脱却、フーティウ屋の挑戦

2006/10/08 07:11 JST配信
Clip to Evernote

 ホーチミン市5区にあるフーティウ(南部を代表する麺料理)屋「フーティウ・ナムヴァン・ティーラム(TyLum)」の主人、ティーラムさんは、数十年の家族経営で培ってきたノウハウと地元客の人気を武器に、フーティウの「TyLum」ブランドをチェーン展開するべく、SmartSo社との提携に乗り出した。まずSmartSo社が「フーティウ・ナムヴァン・ティーラム」の権利をティーラムさんから買い取り、その後同社がフランチャイズオーナーを募ってその権利を売るのだ。

 提携にあたりティーラムさんは、権利を売り、味やノウハウを伝授した後も、定期的に各店舗の状況をチェックして、契約違反があれば営業停止を命じることができるよう、自分の権利を主張している。また、味の決め手となるスープの素を各店舗に提供するが、その作り方は門外不出とし、秘伝の味を守り続けたいとしている。「私のスープに勝手に手を加えて出すような店があれば、即刻契約を破棄します。お客様の信頼を裏切るようなことはしません」。これは、フランチャイズ展開した後も味と品質を維持するためだ。

 しかしベトナムでは、家族経営の飲食店が依然多く、こうした経営手法はまだ一般的ではない。そのため、権利を購入したオーナーは契約時に7000米ドル(約81万円)、そして最初の3ヶ月を除き、毎月700万ドン(約5万円)を支払わなければならないのだが、これに同意しない者も多く、オーナー探しは難航しているという。それでもティーラムさんは、「家族経営の商売はもう古い。簡単ではないが、これからはもっとプロフェッショナルな方法に転換していかなければならない」と挑戦への決意をのぞかせた。

[2006年9月25日 Tuoi Tre紙 電子版].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
日常と観光のはざまに生きる、ハノイの線路脇の暮らし (20日)
 ハノイ市当局はこのほど、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェを一掃した。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることが...>> 続き
ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」が新曲発表!独占インタビュー (13日)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますア...>> 続き
墓地にごみ捨て場、路上で90人の子供を拾い救った独身男性 (6日)
 グエン・バン・ラムさん(男性・47歳)は、11年余りの間に100人近い子供の命を救った。ごみ捨て場にいた子、トイレに捨てられていた子、両親を失った子、奇形の子…。男性はそんな子供たちを家に連れて帰り、彼ら...>> 続き
ベトナム映画「第三夫人と髪飾り」アッシュ・メイフェア監督インタビュー (9/29)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  世界の巨匠たちがその才能を絶賛する1985年生まれのベトナム人女性監督、アッシュ・...>> 続き
片腕を失った退役軍人、愛する妻への贈り物に5度家を建てる (9/22)
 ハノイ市バービー郡ドンタイ村(xa Dong Thai, huyen Ba Vi)在住のチャン・バン・クエットさん(60歳)は、23歳で軍に入隊し、カンボジアの戦場に派遣された。1981年に片腕を失い、また腹部に重傷を負ったため、戦...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)