ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

家族経営からの脱却、フーティウ屋の挑戦

2006/10/08 07:11 JST配信
Clip to Evernote

 ホーチミン市5区にあるフーティウ(南部を代表する麺料理)屋「フーティウ・ナムヴァン・ティーラム(TyLum)」の主人、ティーラムさんは、数十年の家族経営で培ってきたノウハウと地元客の人気を武器に、フーティウの「TyLum」ブランドをチェーン展開するべく、SmartSo社との提携に乗り出した。まずSmartSo社が「フーティウ・ナムヴァン・ティーラム」の権利をティーラムさんから買い取り、その後同社がフランチャイズオーナーを募ってその権利を売るのだ。

 提携にあたりティーラムさんは、権利を売り、味やノウハウを伝授した後も、定期的に各店舗の状況をチェックして、契約違反があれば営業停止を命じることができるよう、自分の権利を主張している。また、味の決め手となるスープの素を各店舗に提供するが、その作り方は門外不出とし、秘伝の味を守り続けたいとしている。「私のスープに勝手に手を加えて出すような店があれば、即刻契約を破棄します。お客様の信頼を裏切るようなことはしません」。これは、フランチャイズ展開した後も味と品質を維持するためだ。

 しかしベトナムでは、家族経営の飲食店が依然多く、こうした経営手法はまだ一般的ではない。そのため、権利を購入したオーナーは契約時に7000米ドル(約81万円)、そして最初の3ヶ月を除き、毎月700万ドン(約5万円)を支払わなければならないのだが、これに同意しない者も多く、オーナー探しは難航しているという。それでもティーラムさんは、「家族経営の商売はもう古い。簡単ではないが、これからはもっとプロフェッショナルな方法に転換していかなければならない」と挑戦への決意をのぞかせた。

[2006年9月25日 Tuoi Tre紙 電子版].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「物売りで覚えた外国語が人生を変えてくれた」フモン族の少女の今 (17日)
 ベトナムの少数民族の1つであるフモン族の少女、ロー・ティ・マイさんは、観光客向けに土産物を売り歩いていると人々が英語で話しかけてくるため、自然と英語を覚えていった。外国語が自分の人生を変えてくれた...>> 続き
「生ける命を守る」、胎児の追悼と母子救済に人生捧げる神父 (10日)
 東南部地方ドンナイ省のビエンホア市ホーナイ街区第4区域に、3万人以上の赤ん坊が眠る墓地がある。墓地はバックハイ教会の神父であり、バックハイ教区の副司祭でもあるヨセフ・グエン・バン・ティックさんが発...>> 続き
国連PKOに派遣された初のベトナム人女性士官 (3日)
 ベトナム国防省ベトナム平和維持センターは、2014年から南スーダンに軍事連絡要員などを派遣している。2017年10月には、国連平和維持活動(PKO)の任務にベトナム人女性士官が初めて派遣された。  この女性士...>> 続き
元駐北朝鮮ベトナム大使が語る、越朝の密接な国交の始まり (2/24)
 このほど第2回米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まり、2月27日と28日にハノイ市で開催されることになった。ズオン・チン・トゥック元駐北朝鮮ベトナム大使(任期:1992年~1996年)は、ベトナムと北朝鮮の二国...>> 続き
我が子の為なら何のその、路上で笑顔振りまき踊るアオザイ姿の男性 (2/17)
 テト(旧正月)を目前に控え賑わうホーチミン市の歩道に、赤いアオザイを身にまとい、テトの楽し気な音楽に合わせて踊る中年男性の姿があった。お菓子を販売する傍らで、満面の笑みで踊り客を呼び込む。しかし、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)