ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

硫酸を顔面に浴びせられた元女優、今では人生に希望

2012/07/08 08:25 JST配信
(C)Dan tri,ANTG
(C)Dan tri,ANTG 写真の拡大

 ベトナムでは、嫉妬に狂った相手から硫酸を浴びせられる事件が決して珍しくない。被害者が女性だった場合は、絶望して自殺まで考えることがあるようだ。レ・ティ・キム・ティエンさんもその中の一人だが、今では人生に希望を見出している。

 事件は1997年に起きた。別居していた夫が嫉妬心から人を雇って、ティエンさんの顔に硫酸を浴びせた。見るも無残な顔になり、小さな息子は抱きしめようとするたびに泣いて逃げ出すあり様で、いつも死ぬことを考えていた。気持ちが落ち着いた時に、自分が死んだ後に残される2人の子供達のことを考えると、生きなければと思ったという。

 事件当時、彼女はハノイ市カウザイ区でカーテン販売店を経営していた。顔をスカーフで覆って仕事に戻ったものの、従業員の多くが去り、初めて訪れた客は彼女を見ると何も言わずに店を出て行った。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Dan tri,23/06/2012 - 18:18,25/06/2012 - 11:26,O ].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
新型コロナ禍、両親と祖父母を失った14歳の少女 (26日)
 ホーチミン市ビンチャイン郡在住のグエン・ティ・マイ・カインさん(14歳)は、父親が急死したショックから立ち直る間もなく、母親、そして母方の祖父母を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により相次いで失...>> 続き
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (19日)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (12日)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
夫との死別、我が子のがん闘病…苦難を乗り越えて強く生きる (5日)
 空軍士官だった夫が死んだという知らせを受け、ゴアンさんは自殺を考えた。さらに息子ががんを患っていると判明したときには、魂を失ったように叫び、走った。  北部紅河デルタ地方ナムディン省に住む文学...>> 続き
新型コロナ禍、ホン川の水上生活者の暮らし (8/29)
 ハノイ市のホン川(紅河)に架かるロンビエン橋(cau Long Bien)のふもとに長い間ひっそりと存在している水上集落は、困難な状況にある人々が多く暮らす場所だ。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited