ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

分離手術から17年、大学生になった結合双生児の姉妹

2020/10/25 05:08 JST配信
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大

 分離手術から17年が経ち、結合双生児だったクックさんとアンさんの姉妹は18歳の大学生になった。2人の身体がまだつながっていた時のことは、彼女たちが日々努力を続ける原動力となっている。

 2003年10月、当時1歳だった姉のレ・トゥー・クックさんと妹のレ・トゥイ・アンさんは、ハノイ市の中央小児病院で約10時間にも及ぶ分離手術を受けた。医師たちは事前に、手術で両方の子供を救える可能性は50%だと告げていた。

 17年後の2020年10月、クックさんは水利大学(Thuyloi University)の会計学科に、アンさんは商業大学(Thuongmai University)のマーケティング学科にそれぞれ進学した。2人は、卒業後に安定した仕事に就いて、苦労してきた両親を助けられるよう、大学で勉強を一生懸命頑張りたいと語る。

 2002年12月6日の夜明け、北中部地方タインホア省ハーチュン郡(huyen Ha Trung)出身のチン・ティ・ビンさん(1973年生まれ)は早期陣痛が起き、医師から帝王切開を告げられた。午前5時ちょうどに、タインホア省産婦人科病院に双子の姉妹の産声が響き渡った。

 手術室の外に立っていた夫のレ・アイン・ルアンさん(1961年生まれ)は、看護師が抱いて運んできた赤ん坊たちを見て、唖然とした。2人は胸部から腹部がつながり、脚はうっ血により青ずんでいた。クックさんの出生体重は1.5kg、アンさんは1.4kg。妊娠中の超音波検査では、赤ん坊の異常は見られなかった。

 帝王切開後に目覚めたビンさんは、まだ体調がすぐれなかったため、家族から双子の赤ん坊の状態を教えてもらえなかった。しかし、母親の勘が働き、何か良くないことがあるのでは、と感じていた。ベッドから降りられるようになると、ビンさんは急いで子供を探しに行った。

 「その時はとてもショックでした。保育器の中で眠っている我が子を見つめながら、かわいそうな思いと心配な思いでいっぱいでした」とビンさんは打ち明けた。

 幸運にも、その数日後に当時中央小児病院の院長だったグエン・タイン・リエム医師が出張でタインホア省産婦人科病院を訪れた。リエム医師はクックさんとアンさんのことを知ると、自分が2人の分離手術を担当すると申し出た。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Vietnamnet 11:05 09/10/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (19日)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (12日)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
夫との死別、我が子のがん闘病…苦難を乗り越えて強く生きる (5日)
 空軍士官だった夫が死んだという知らせを受け、ゴアンさんは自殺を考えた。さらに息子ががんを患っていると判明したときには、魂を失ったように叫び、走った。  北部紅河デルタ地方ナムディン省に住む文学...>> 続き
新型コロナ禍、ホン川の水上生活者の暮らし (8/29)
 ハノイ市のホン川(紅河)に架かるロンビエン橋(cau Long Bien)のふもとに長い間ひっそりと存在している水上集落は、困難な状況にある人々が多く暮らす場所だ。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に...>> 続き
2度の印刷後に発行停止、幻の30VND札の歴史 (8/22)
 ベトナムの30VND札は、過去に2度印刷・発行されたが、以後消えた幻の紙幣となっている。  ベトナム国家銀行(中央銀行)によると、1976年に南北が統一され、ベトナム社会主義共和国が成立した後の1978年に発...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited