ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

分離手術から7年、結合双生児の片割れを亡くした少年の今

2020/07/19 05:48 JST配信
Clip to Evernote
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」 写真の拡大

 2013年11月26日、ホーチミン市第2小児病院で生後14か月の結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、南中部沿岸地方ニントゥアン省に住む父親のグエン・タイン・フィエンさんと母親のグエン・ティ・ホン・ラムさんの子供、グエン・フィー・ロンくんとグエン・フィー・フンちゃんだ。

 しかし、妹のフィー・フンちゃんは2014年2月23日、わずか1年5か月の生涯に幕を閉じた。兄妹の別れの時にフィー・ロンくんがフィー・フンちゃんのおでこにキスをしている写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿されると、「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」として広まり、多くの人が涙を流した。

 フィー・ロンくんとフィー・フンちゃんは胸部と腹部がつながった状態で2012年9月26日に生まれた。2人が生まれる前の妊娠25週のときに結合双生児とわかったが、夫婦は出産を決めた。出生時の体重は2人で3.6kg。生まれてすぐにホーチミン市第2小児病院へ入院し、14か月後に約80人から成る医療チームによって分離手術が行われた。

 2人は頭や手足、生殖器や肛門などはそれぞれ独立していたが、共有している部分が複雑で、手術は困難を極めた。手術は無事に成功したものの、フィー・フンちゃんは状態が悪く、人工呼吸器につながれた。そして手術から3か月後、フィー・フンちゃんは片割れのフィー・ロンくんを残して旅立ってしまった。

 分離手術から7年近くが経ち、ベトナム現地紙の記者がフィー・ロンくんを探しにニントゥアン省ニンハイ郡ホハイ村トゥイロイ村落(thon Thuy Loi, xa Hoi Hai, huyen Ninh Hai)を訪れた。

前へ   1   2   3   次へ
[PLO 13:24 15/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
新型コロナ禍で失業した夫婦、深夜の資源回収で生活支える (3/21)
 ベトナムでも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の打撃は大きく、特に今年のテト(旧正月)前に発生した第3波の影響により、テト明けに多くの人々が失業した。  ほとんど教育を受けておらず、ホーチミン市で...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited