ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

分離手術から7年、結合双生児の片割れを亡くした少年の今

2020/07/19 05:48 JST配信
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」 写真の拡大

 2013年11月26日、ホーチミン市第2小児病院で生後14か月の結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、南中部沿岸地方ニントゥアン省に住む父親のグエン・タイン・フィエンさんと母親のグエン・ティ・ホン・ラムさんの子供、グエン・フィー・ロンくんとグエン・フィー・フンちゃんだ。

 しかし、妹のフィー・フンちゃんは2014年2月23日、わずか1年5か月の生涯に幕を閉じた。兄妹の別れの時にフィー・ロンくんがフィー・フンちゃんのおでこにキスをしている写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿されると、「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」として広まり、多くの人が涙を流した。

 フィー・ロンくんとフィー・フンちゃんは胸部と腹部がつながった状態で2012年9月26日に生まれた。2人が生まれる前の妊娠25週のときに結合双生児とわかったが、夫婦は出産を決めた。出生時の体重は2人で3.6kg。生まれてすぐにホーチミン市第2小児病院へ入院し、14か月後に約80人から成る医療チームによって分離手術が行われた。

 2人は頭や手足、生殖器や肛門などはそれぞれ独立していたが、共有している部分が複雑で、手術は困難を極めた。手術は無事に成功したものの、フィー・フンちゃんは状態が悪く、人工呼吸器につながれた。そして手術から3か月後、フィー・フンちゃんは片割れのフィー・ロンくんを残して旅立ってしまった。

 分離手術から7年近くが経ち、ベトナム現地紙の記者がフィー・ロンくんを探しにニントゥアン省ニンハイ郡ホハイ村トゥイロイ村落(thon Thuy Loi, xa Hoi Hai, huyen Ninh Hai)を訪れた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[PLO 13:24 15/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
客も驚き、12歳のカリスマ美容師 父の背中を追って (10:16)
 11歳のとき、「コアイタイ(「ポテト」の意)」のあだ名もあるファム・トン・ゴック・タイン・ビーさんは、ホーチミン市5区グエンビエウ(Nguyen Bieu)通りにある父親の美容室のメインスタイリストになった。 ...>> 続き
がんに打ち勝ったシングルマザー、病を経て人生に輝き (6/26)
 トゥイさんにとってがんは人生の終わりではなく、彼女の人生をより輝かしく再スタートさせるためのチャンスとなった。 1日が50時間あればと願った闘病の日々  「お母さんね、がんになっちゃった!」トゥ...>> 続き
ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人 (6/19)
 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。  トゥエンさん一家の工房は、...>> 続き
日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力 (6/12)
 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6...>> 続き
「異形」のベトナム男児と米国女性の物語 (6/5)
 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。  「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved