ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

分離手術から7年、結合双生児の片割れを亡くした少年の今

2020/07/19 05:48 JST配信
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」
(C) plo:「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」 写真の拡大

 2013年11月26日、ホーチミン市第2小児病院で生後14か月の結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、南中部沿岸地方ニントゥアン省に住む父親のグエン・タイン・フィエンさんと母親のグエン・ティ・ホン・ラムさんの子供、グエン・フィー・ロンくんとグエン・フィー・フンちゃんだ。

 しかし、妹のフィー・フンちゃんは2014年2月23日、わずか1年5か月の生涯に幕を閉じた。兄妹の別れの時にフィー・ロンくんがフィー・フンちゃんのおでこにキスをしている写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿されると、「さよならのキス(Nu hon vinh biet)」として広まり、多くの人が涙を流した。

 フィー・ロンくんとフィー・フンちゃんは胸部と腹部がつながった状態で2012年9月26日に生まれた。2人が生まれる前の妊娠25週のときに結合双生児とわかったが、夫婦は出産を決めた。出生時の体重は2人で3.6kg。生まれてすぐにホーチミン市第2小児病院へ入院し、14か月後に約80人から成る医療チームによって分離手術が行われた。

 2人は頭や手足、生殖器や肛門などはそれぞれ独立していたが、共有している部分が複雑で、手術は困難を極めた。手術は無事に成功したものの、フィー・フンちゃんは状態が悪く、人工呼吸器につながれた。そして手術から3か月後、フィー・フンちゃんは片割れのフィー・ロンくんを残して旅立ってしまった。

 分離手術から7年近くが経ち、ベトナム現地紙の記者がフィー・ロンくんを探しにニントゥアン省ニンハイ郡ホハイ村トゥイロイ村落(thon Thuy Loi, xa Hoi Hai, huyen Ninh Hai)を訪れた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[PLO 13:24 15/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
昔懐かしのキャンディを売って30年、片足の退役軍人 (4日)
 古い自転車に「ケオケオ(keo keo)」と呼ばれるピーナッツキャンディの入った箱を載せ、チリンチリンとベルの音を鳴らしながら自転車を漕ぐ60歳の退役軍人の姿が、世代を超えて多くの人々の子供時代の記憶を呼び...>> 続き
9X世代の女性タトゥーアーティスト、タトゥーで傷跡に命を吹き込む (11/27)
 ハノイ市出身の「ゴックライク(Ngoc Like)」ことチャン・ビック・ゴックさん(女性・1993年生まれ)は、長さ10cm以上のケロイドに7時間かけてタトゥーを施し、傷跡にアネモネの花を咲かせた。それは、客の女性に...>> 続き
ベビーリフトで米国へ、母親との再会を夢見るベトナム出身の女性 (11/20)
 米国バーモント州バーリントンに暮らすグエン・ティ・タイン・ホンさん(女性)はこの50年間、小さな女の子がある女性を「お母さん、お母さん!」と呼びながら追いかける夢を頻繁に見ている。しかし、母親と思わ...>> 続き
歌手Mr.ダムと歌声そっくり、視覚障害の青年が光を取り戻すまで Mr.本人が自ら支援 (11/13)
 男性歌手の「Mr.ダム」ことダム・ビン・フンそっくりの歌声を響かせながら、ホーチミン市の市場で雑貨を売り歩く、視覚障害の男性がいる。彼の歌声を初めて聴いた人は誰もが驚き、それが彼の地声であることを知...>> 続き
ホーチミンのバックパッカー街、華やかさの裏で貧しく暮らす人々 (11/6)
 ホーチミン市のバックパッカー街として知られる1区ブイビエン(Bui Vien)通りは、市内で最も賑やかなエリアだ。ここを訪れる人々の中には飲食に数千万VND(1000万VND=約5万9000円)を使うような人もいる。一方、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved