ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【後編】

2016/02/21 05:32 JST配信

 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」。2人の分離手術は、当時ホーチミン市の医学界で「腕利きのキャプテン」と言われていた故ズオン・クアン・チュン医師の巧みな指揮と日本赤十字社の医師の立ち会いの下、1988年10月4日にホーチミン市ツーズー産婦人科病院で予定通り行われた。

前編 → 「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【前編】

世界中が注目した分離手術での緊急事態

 大手術は世界中のメディアの注目を集め、多くのテレビ局が生中継を行った。しかし、想定外の事態が起きた。弟グエン・ドゥック(Nguyen Duc)さん(以下ドクさん)へ麻酔薬を投与している最中に兄グエン・ベト(Nguyen Viet)さんがけいれん発作を起こし、脈拍数が1分間に200回近くまで上がったのだ。

 心血管と麻酔のチームはこの緊急事態を案じたが、緊急手術に対して万全の準備を整えていた手術スタッフたちはドクさんを一刻も早く救うことに集中した。2人に通じている全ての血管を早急に切り離さなければならず、そうしなければ2人とも手術台の上で死亡してしまう恐れがあった。

 当時のホーチミン市第2小児病院外科部長で、この手術の外科チーム長を任されたチャン・ドン・アー医師は、「私は、ベトさんの生体情報モニタを見つめていました。ベトさんの心拍数が下がる兆候があれば、急いで手術を進める必要があったからです。予想外だったのは、トゥーさん(故ズオン・クアン・チュン医師のこと)がずっと私の隣に立っていたことです」と回想した。

 「ベトさんが緊急事態を脱したことを心血管と麻酔チームが教えてくれるまで、私たちはずっと隣で寄り添って立っていました。それからようやく私は手術室を出てもう1度手を洗い、着替えて、ボー・バン・タン医師、チャン・タイン・チャイ医師らと手術室に入りました。その1時間30分という時間は、私にとって何世紀も経ったかのように長く感じました…」。

次ページ → 15時間に及んだ大手術

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Le Phuong, VNExpress, 21/1/2016 | 12:03 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (19日)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (12日)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
夫との死別、我が子のがん闘病…苦難を乗り越えて強く生きる (5日)
 空軍士官だった夫が死んだという知らせを受け、ゴアンさんは自殺を考えた。さらに息子ががんを患っていると判明したときには、魂を失ったように叫び、走った。  北部紅河デルタ地方ナムディン省に住む文学...>> 続き
新型コロナ禍、ホン川の水上生活者の暮らし (8/29)
 ハノイ市のホン川(紅河)に架かるロンビエン橋(cau Long Bien)のふもとに長い間ひっそりと存在している水上集落は、困難な状況にある人々が多く暮らす場所だ。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に...>> 続き
2度の印刷後に発行停止、幻の30VND札の歴史 (8/22)
 ベトナムの30VND札は、過去に2度印刷・発行されたが、以後消えた幻の紙幣となっている。  ベトナム国家銀行(中央銀行)によると、1976年に南北が統一され、ベトナム社会主義共和国が成立した後の1978年に発...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited