ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

分離手術から17年、大学生になった結合双生児の姉妹

2020/10/25 05:08 JST配信
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet

 分離手術から17年が経ち、結合双生児だったクックさんとアンさんの姉妹は18歳の大学生になった。2人の身体がまだつながっていた時のことは、彼女たちが日々努力を続ける原動力となっている。

 2003年10月、当時1歳だった姉のレ・トゥー・クックさんと妹のレ・トゥイ・アンさんは、ハノイ市の中央小児病院で約10時間にも及ぶ分離手術を受けた。医師たちは事前に、手術で両方の子供を救える可能性は50%だと告げていた。

 17年後の2020年10月、クックさんは水利大学(Thuyloi University)の会計学科に、アンさんは商業大学(Thuongmai University)のマーケティング学科にそれぞれ進学した。2人は、卒業後に安定した仕事に就いて、苦労してきた両親を助けられるよう、大学で勉強を一生懸命頑張りたいと語る。

 2002年12月6日の夜明け、北中部地方タインホア省ハーチュン郡(huyen Ha Trung)出身のチン・ティ・ビンさん(1973年生まれ)は早期陣痛が起き、医師から帝王切開を告げられた。午前5時ちょうどに、タインホア省産婦人科病院に双子の姉妹の産声が響き渡った。

 手術室の外に立っていた夫のレ・アイン・ルアンさん(1961年生まれ)は、看護師が抱いて運んできた赤ん坊たちを見て、唖然とした。2人は胸部から腹部がつながり、脚はうっ血により青ずんでいた。クックさんの出生体重は1.5kg、アンさんは1.4kg。妊娠中の超音波検査では、赤ん坊の異常は見られなかった。

 帝王切開後に目覚めたビンさんは、まだ体調がすぐれなかったため、家族から双子の赤ん坊の状態を教えてもらえなかった。しかし、母親の勘が働き、何か良くないことがあるのでは、と感じていた。ベッドから降りられるようになると、ビンさんは急いで子供を探しに行った。

 「その時はとてもショックでした。保育器の中で眠っている我が子を見つめながら、かわいそうな思いと心配な思いでいっぱいでした」とビンさんは打ち明けた。

 幸運にも、その数日後に当時中央小児病院の院長だったグエン・タイン・リエム医師が出張でタインホア省産婦人科病院を訪れた。リエム医師はクックさんとアンさんのことを知ると、自分が2人の分離手術を担当すると申し出た。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Vietnamnet 11:05 09/10/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
ウクライナから帰国した越僑たちの新生活、母国語を学ぶ子供も (4/17)
 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、戦火を逃れてウクライナからベトナムに帰国した在外ベトナム人(越僑)たちは今、故郷での新生活に慣れようとしているところだ。  「悲しいですし、ウクライナに残して...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved