ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

どんな逆境にも負けない、「夫なしマンション」に住む女性たち

2018/07/29 05:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) kenh14.vn
(C) kenh14.vn 写真の拡大
(C) kenh14.vn
(C) kenh14.vn 写真の拡大

 南中部沿岸地方ダナン市に通称「夫なしマンション」と呼ばれる、困難な生活を送る寡婦とその子供たちが入居するホアフー5Aマンションがある。ダナン市リエンチエウ区ホアミン街区キンズオンブオン通りに建つマンションは、都市の喧騒と一線を画して静寂に包まれている。

 しかし、夕方5時になるとマンションは一気に賑やかになる。子供たちが集まってサッカーやバドミントンなどをして遊ぶそばで、母親たちが小さな飲み物屋に座っておしゃべりに興じる。笑顔の女性たちの瞳の奥に悲しみが宿っているように見えるのは、これまであまりに多くの苦境をくぐり抜けてきたせいだろうか。

 このマンションは同市の不幸な女性と子供を支援する会が投資主となり建設されたもので、4棟に各50m2の住戸が合計36戸ある。住戸は家具家電付きだが家賃は月々わずか10万VND(約493円)で、管理組織がマンションの修繕積立金として管理している。

 不運な境遇に置かれ市内を転々としていた女性たち144人が、自治体の計らいで2008年から市内の近隣地域に移り住んできた。そして女性たちは2011年末に完工したこのマンションへ優先的に入居したのだ。

 ここに住む女性たちの境遇は夫を亡くした人に離婚した人、女手一つで子供を育てる人と様々だ。しかし、どの女性も数十年にわたり男性不在の中で、あらゆる仕事に就いて苦労しながら生計を立てている。

 ズオン・ティ・フエさん(40歳)は妊娠中に夫が蒸発、その後生まれた女の子アンさん(13歳)はてんかんと喘息の持病があり、終日家で寝ており話したり笑ったりすることもない。フエさんは持病のある娘のためにやむを得ず仕事を辞めた。

前へ   1   2   3   次へ
[Tri thuc tre, Ha Nam, kenh14.vn, 00:00 20/07/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命 (15日)
 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌ...>> 続き
視覚障害のジャーナリスト、雑誌とラジオで視覚障害者に光を (8日)
 国営ベトナムの声放送局(VOV)のリポーター、そして編集者として活躍するホアン・バン・リーさんは、先天性失明者でありながら、独自のやり方で15年間にわたりジャーナリズムの仕事に情熱的に取り組んできた。 ...>> 続き
ホー・チ・ミン主席死去から50年、最期の日々をたどる (1日)
 故ホー・チ・ミン主席の死去から2019年9月2日で50年を迎える。  ホー・チ・ミン主席が死去する前に護衛を担当していたチャン・ベト・ホアン氏は、病気のホー・チ・ミン主席を間近で見守り、主席が亡くなる...>> 続き
「剣を置くのは芸を尽くした時」シングルファーザーの大道芸人 (8/25)
 観客が目を逸らしそうになるほど身体を張った技を披露した大道芸人は、スポットライトが消えると哀愁が漂う日常生活に戻る。  ステージに音楽が鳴り響く中、大道芸人のグエン・バン・ホアンさん(男性・34歳...>> 続き
<明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【後編】 (8/18)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。) 前編 → <明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【前編>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)