ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミンで最初のクメール寺院、運河沿いにそびえる黄金の建築

2018/09/09 05:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市3区のニエウロック・ティゲー運河沿いには、ホーチミン市で最初に建てられたクメール寺院「チャンタランサイ寺院(Chua Chantarangsay)」がある。

 月の光を意味する「カンダランシ(Candaransi)」の別名でも呼ばれ、1946年に建設されたこの寺院は、南部メコンデルタ地方に住むクメール族の文化の建築様式を受け継いでいる。

 寺院の面積は4500m2。建設からこれまでに、7回にわたり修復が行われた。中庭の中央には小さな池と仏塔、住居があり、いずれもクメール寺院の特徴的でもある鮮やかな黄色に彩られている。

 ここは上座部仏教の僧侶たちが修行する場所であり、ホーチミン市に住む南部のクメール族の人々が集まる場所でもある。

 本堂は2階建てで、東を向いており、前面と背面に合計4つの入り口がある。

  1   2  
[VnExpress 02:08 7/8/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「生ける者も亡き者も助ける」が信条、親に代わり水子供養する女性 (16日)
 ハノイ市ソックソン郡タインスアン村ドイコック集落に住むグエン・ティ・二エムさんは、2006年のある日、病院で我が子を「捨てに行く」母親を見て、不幸な子供たちのために何かしなければと思った。その日から1...>> 続き
運命の巡り会わせ、ベトナム人とフランス人の2人の母を持つ少女 (2日)
 チュオン・ビー・ムニエル・ミシェルさんは生まれた時から実母と離ればなれになった。しかし、その後は運命の巡り合わせで2つの家族に恵まれた。  8月初旬のある暑い昼、ホーチミン市から南に車で2時間ほど...>> 続き
フランス植民地時代から今に残るホーチミンの5つの「大通り」 (8/26)
 フランス植民地時代にフランス人が策定したサイゴン(現ホーチミン市)の都市計画では、道幅40m、歩道幅4m、両側に2列の街路樹のある通りを「大通り(ベトナム語:Dai lo、フランス語:Boulevard)」としていた。 ...>> 続き
エイズ孤児の養護に人生を捧げる司祭 (8/19)
 「私がこの子たちを買わなければ、この子たちはどうやって暮らせばよいのでしょうか」。サイゴン大司教の司祭フオン・ディン・トアイさんは、自らの人生の全てをHIV/エイズに感染し絶望に晒された女性たちや罪...>> 続き
9男9女を育てた肝っ玉母ちゃん、産気づくと1人で山に上りお産 (8/12)
 西北部地方で子沢山の女性と言えば、15人を出産したライチャウ省フォントー郡シンチャイ村のザン・ティ・マイさん、17人を出産したソンラ省トゥアンチャウ郡コーマ村のザン・ティ・ゾンさんが知られている。 ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)