ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

発売から86年、懐かしの「バーおばさんの石鹸」が復刻へ

2018/11/18 05:05 JST配信
Clip to Evernote
(C) tienphong.vn
(C) tienphong.vn 写真の拡大

 1932年に発売されてから長きにわたりベトナムで広く親しまれつつも一度は市場から姿を消した、緑色のパッケージと女性の写真が印象的な石鹸ブランド「バーおばさん(Co Ba)の石鹸」が、本格的に復活を遂げようとしている。

 20世紀初頭からベトナムの人々の生活に欠かせない存在だった、懐かしの老舗ブランドの日用品として忘れてはならないのが、この「バーおばさんの石鹸」だ。

 「バーおばさんの石鹸」の伝説は、石鹸の生みの親である実業家チュオン・バン・ベン氏(1883~1956年)に始まる。ベン氏はホーチミン市の中華街チョロン地区で手工芸品を営む家庭に生を受け、1932年に5区のキムビエン市場で石鹸ブランドを立ち上げた。

 石鹸はココナッツオイルと苛性ソーダ、香料から作られており、当時のチョロン地区の工場では毎月1500tのココナッツオイルと600tの石鹸を生産していた。

前へ   1   2   3   次へ
[tienohong.vn 06:35 06/11/2018, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
「物売りで覚えた外国語が人生を変えてくれた」フモン族の少女の今 (17日)
 ベトナムの少数民族の1つであるフモン族の少女、ロー・ティ・マイさんは、観光客向けに土産物を売り歩いていると人々が英語で話しかけてくるため、自然と英語を覚えていった。外国語が自分の人生を変えてくれた...>> 続き
「生ける命を守る」、胎児の追悼と母子救済に人生捧げる神父 (10日)
 東南部地方ドンナイ省のビエンホア市ホーナイ街区第4区域に、3万人以上の赤ん坊が眠る墓地がある。墓地はバックハイ教会の神父であり、バックハイ教区の副司祭でもあるヨセフ・グエン・バン・ティックさんが発...>> 続き
国連PKOに派遣された初のベトナム人女性士官 (3日)
 ベトナム国防省ベトナム平和維持センターは、2014年から南スーダンに軍事連絡要員などを派遣している。2017年10月には、国連平和維持活動(PKO)の任務にベトナム人女性士官が初めて派遣された。  この女性士...>> 続き
元駐北朝鮮ベトナム大使が語る、越朝の密接な国交の始まり (2/24)
 このほど第2回米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まり、2月27日と28日にハノイ市で開催されることになった。ズオン・チン・トゥック元駐北朝鮮ベトナム大使(任期:1992年~1996年)は、ベトナムと北朝鮮の二国...>> 続き
我が子の為なら何のその、路上で笑顔振りまき踊るアオザイ姿の男性 (2/17)
 テト(旧正月)を目前に控え賑わうホーチミン市の歩道に、赤いアオザイを身にまとい、テトの楽し気な音楽に合わせて踊る中年男性の姿があった。お菓子を販売する傍らで、満面の笑みで踊り客を呼び込む。しかし、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)