ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【後編】

2019/01/06 05:30 JST配信
Clip to Evernote

井手:ギターを使うネタで、ギター用に使っていたスタンドが全く自立せずにすぐ倒れてしまって困惑していたんですが、見かねたスタッフがやってきて直してくれるのかと思いきや、その人自身がスタンドをずっと支えていてくれました。それをいじるベトナム語力を持ち合わせていなかった僕らは、最後までそのスタッフについて触れることもできず、彼を含めた3人で「トリプルウィッシュ」としてステージパフォーマンスをやりきりました。でもお客さんも気にしている様子はなく、アタフタしているのは僕らだけでした。


―――ベトナム現地で共演したタレントの方々との交流はありますか?もしあれば、どのようなお話をされますか?

井手:深い交流はあまりありませんが、話す機会のある時は、なぜあのタレントは有名なのか、ということや、ベトナムで活動するにあたってのアドバイスなどを聞いたりします。でも、お互いの国の文化などについて聞き合ったりすることのほうが多いかもしれません。「彼女がいないから誰か紹介して!」というのは毎回必ず言っているんですが、いつも笑ってスルーされます(笑)。

中川:プライベートで遊びに行ったりすることはありませんが、よく共演するMCの方とは話をします。会話の内容は、ギャラの話ですね。どこの国もギャラの話は好きみたいです。

ホーチミン市のイオンモールでのイベント


―――他の住みますアジア芸人の方々との交流はありますか?もしあれば、どのようなお話をされますか?

井手:毎年、他の住みますアジア芸人がいるどこかしらの国を訪ねています。他の国に住んでいる芸人の活動を見ると刺激を受けますし、さらに最高のアテンドをしてくれるので勉強にもなるし、楽しいしで良いことしかありません!他には、オンライン飲み会をやったりもしています。近況を聞いたり、下世話な話をしていることが多いです・・・でも、やはり同じ境遇でお互いに気持ちが分かり合えるので、心が弱った時に連絡しています(笑)。

中川:他の住みます芸人とも、ギャラの話ばかりです。各国の住みます芸人の情勢が気になりますからね。でも、最近1番話している人は、台湾住みます芸人の漫才ボンボンの三木さんです。僕と三木さんは住みますアジア芸人の中の子持ち芸人なので、お互いに近況を報告しています。そういった会話が楽しかったので、最近ブログを開設しました!ゆくゆくは本にしたいとも考えています。そうすれば印税もたくさん入るはずなので。皆さん是非読んでくださいね!※中川さん、三木さんのブログはこちら:「嫁が妊娠した!!!」台湾、ベトナム住みます芸人奮闘記~その時、男はどうする!?~<https://mikinakagawa.hatenablog.com

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (5/17)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)