ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】

2019/01/20 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大

 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND(約1億9000円)を突破した。

 2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si Sai Gon)」で、日本人として初めて、ベトナム出資、オールベトナム人キャストのベトナム語映画のメガホンを取った落合監督。

 2本目のベトナム映画を手掛けた落合監督に、「パパとムスメの7日間」をベトナムで映画化することになったきっかけや映画の見どころ、今後の展望などについて、ベトジョー編集部が話を聞いた。

―――監督にとって2作目のベトナム映画となりますが、どういった経緯で2作目を撮られることになったのでしょうか。

まず、サイゴン・ボディガードが1つ大きな入り口になりました。ベトナム語がわからない海外の監督でもベトナムでヒットする作品が作れる、ということの証明になったかなと思います。

そうした中で、ベトナムでもう1本作品を作りたいとずっと思っていて、日本の原作をベトナムで実写化するというのもやってみたいなと。色んな作品を探していたんですけれど、たまたま僕の韓国人の親友がパパとムスメの7日間を韓国で映画化したので、アジアでも浸透しやすいコンセプトなので良いんじゃないか、という話をいただいて。僕も話のコンセプトの面白さにピンときて、すぐ(サイゴン・ボディガードで主演を務めた)タイ・ホア(Thai Hoa)さんに連絡をしたところ「ぜひやりましょう」ということになったんです。

―――ベトナム映画でヒットを飛ばし続けているチャーリー・グエンさんがプロデューサーとして参加されることになったきっかけは何だったのでしょうか。

きっかけはタイ・ホアさんなんですが、タイ・ホアさんがチャーリー・グエン(Charlie Nguyen)さんに連絡をして、ぜひチャインフオン(Chanh Phuong)制作会社でやろうという話になりました。チャインフオン制作会社は、歴代興行収入トップ10のうち5本を占めるくらいのヒットメーカーです。チャーリーさんは監督もしますけれど、今回がプロデューサーとして3作目。他の監督を育てていくという形で、指導の部分にも少しずつ入っていっていますね。

今回、作品のプラスになったのは、やっぱりチャーリーさんがプロデューサーとして参加してくれたことかなと思います。タイ・ホアさんとチャーリーさんは過去に多くの作品の中でコラボをしてきた2人です。チャーリーさんはこの約20年間、商業映画でベトナムの映画業界を支えてきた人で、僕は「チャーリー先生」と呼んでいるんですけれど(笑)、チャーリー先生の指導を受けながら一緒に作品を作っていけるというのはものすごく僕にとってプラスになりました。

チャーリーさんのすごいところとして、脚本の指導というのがあります。撮影中は割と自由にやらせてくれて、監督の作家性のようなところを活かす部分もあるんですけれど、まずは脚本をベトナムの観客にわかりやすいものにしようということで、タイ・ホアさんとベトナム系米国人のマイケル・タイ(Michael Thai)さんらと話し合いを重ねながら、少しずつ、原作の良さを活かしつつ変えていきました。編集でも、コメディのタイミングであったりだとか、何がベトナム人の方に伝わりにくいのかというのをショットごとに話し合いながら進めていきました。

僕は、これは映画作りの「文法の違い」だと思っているんですね。1つひとつの作品、監督それぞれのメッセージの伝え方というのは違うと思うんですけれど、僕は日本、米国、それからベトナムで映画を作る中で「文法の違い」には気づいていて、その中で一番大切なのはその国の観客に伝わるようにすることだと思っています。ベトナムの観客はわかりやすさが必要な部分もあって、雰囲気だけで伝えたり、画(え)の隠れた意味をその画だけで説明したりというのはあまりうまくいかなかったりします。

前へ   1   2   3   次へ
[2019年1月16日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (25日)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (18日)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (11日)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (4日)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
「おしん」からプリザーブドフラワー職人に、50歳を前に起業したベトナム人女性 (6/27)
 タイで5年間家政婦として働いていたレ・ティ・ベトさん(女性・63歳)は、家主からプリザーブドフラワーの作り方を教えてもらい、50歳でベトナムに戻って事業を始めた。  中部の暑い日差しが急に弱まった6月...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited