ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】

2019/01/20 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) VIETJO/Sa Huynh
(C) VIETJO/Sa Huynh 写真の拡大

 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND(約1億9000円)を突破した。

 2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si Sai Gon)」で、日本人として初めて、ベトナム出資、オールベトナム人キャストのベトナム語映画のメガホンを取った落合監督。

 2本目のベトナム映画を手掛けた落合監督に、「パパとムスメの7日間」をベトナムで映画化することになったきっかけや映画の見どころ、今後の展望などについて、ベトジョー編集部が話を聞いた。

―――監督にとって2作目のベトナム映画となりますが、どういった経緯で2作目を撮られることになったのでしょうか。

まず、サイゴン・ボディガードが1つ大きな入り口になりました。ベトナム語がわからない海外の監督でもベトナムでヒットする作品が作れる、ということの証明になったかなと思います。

そうした中で、ベトナムでもう1本作品を作りたいとずっと思っていて、日本の原作をベトナムで実写化するというのもやってみたいなと。色んな作品を探していたんですけれど、たまたま僕の韓国人の親友がパパとムスメの7日間を韓国で映画化したので、アジアでも浸透しやすいコンセプトなので良いんじゃないか、という話をいただいて。僕も話のコンセプトの面白さにピンときて、すぐ(サイゴン・ボディガードで主演を務めた)タイ・ホア(Thai Hoa)さんに連絡をしたところ「ぜひやりましょう」ということになったんです。

―――ベトナム映画でヒットを飛ばし続けているチャーリー・グエンさんがプロデューサーとして参加されることになったきっかけは何だったのでしょうか。

きっかけはタイ・ホアさんなんですが、タイ・ホアさんがチャーリー・グエン(Charlie Nguyen)さんに連絡をして、ぜひチャインフオン(Chanh Phuong)制作会社でやろうという話になりました。チャインフオン制作会社は、歴代興行収入トップ10のうち5本を占めるくらいのヒットメーカーです。チャーリーさんは監督もしますけれど、今回がプロデューサーとして3作目。他の監督を育てていくという形で、指導の部分にも少しずつ入っていっていますね。

今回、作品のプラスになったのは、やっぱりチャーリーさんがプロデューサーとして参加してくれたことかなと思います。タイ・ホアさんとチャーリーさんは過去に多くの作品の中でコラボをしてきた2人です。チャーリーさんはこの約20年間、商業映画でベトナムの映画業界を支えてきた人で、僕は「チャーリー先生」と呼んでいるんですけれど(笑)、チャーリー先生の指導を受けながら一緒に作品を作っていけるというのはものすごく僕にとってプラスになりました。

チャーリーさんのすごいところとして、脚本の指導というのがあります。撮影中は割と自由にやらせてくれて、監督の作家性のようなところを活かす部分もあるんですけれど、まずは脚本をベトナムの観客にわかりやすいものにしようということで、タイ・ホアさんとベトナム系米国人のマイケル・タイ(Michael Thai)さんらと話し合いを重ねながら、少しずつ、原作の良さを活かしつつ変えていきました。編集でも、コメディのタイミングであったりだとか、何がベトナム人の方に伝わりにくいのかというのをショットごとに話し合いながら進めていきました。

僕は、これは映画作りの「文法の違い」だと思っているんですね。1つひとつの作品、監督それぞれのメッセージの伝え方というのは違うと思うんですけれど、僕は日本、米国、それからベトナムで映画を作る中で「文法の違い」には気づいていて、その中で一番大切なのはその国の観客に伝わるようにすることだと思っています。ベトナムの観客はわかりやすさが必要な部分もあって、雰囲気だけで伝えたり、画(え)の隠れた意味をその画だけで説明したりというのはあまりうまくいかなかったりします。

前へ   1   2   3   次へ
[2019年1月16日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナムに伝わるビルマ皇族の万能軟膏、末裔がブランド復刻 (1/13)
 かつてのサイゴンの人々に親しまれたフレーズ「ボンボンシークーラー・バインタイスアホットガー・ザウクーラーマックスー(Bon bon xi cu la, banh tay sua hot ga, dau cu la mac su)」。ボンボンはブルボンの...>> 続き
ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【後編】 (1/6)
 吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますアジア芸人)としてベトナムで活動するお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」。2015年6月にベトナムへ移住してから3年半が経過し、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)