ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様

2019/02/03 05:22 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。

 ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラシ、ジンジャー、レモングラス、パッションフルーツ、ミントなど様々な種類のフレーバーのクラフトビールを生み出してきた。

 クオンさんは今年のテトに向けて、8~9回もの試行錯誤を経てついに琥珀色のビールを醸造した。発酵は3回、ベトナム産のフレッシュなショウガとはちみつ、そして海外から輸入した6種類の高級なホップ、3種類の麦芽を加えたもので、商品名は「テト(Tet)」とした。

 これはクオンさんの醸造所とC-ブルーマスター(C-Brewmaster)の系列のみで製造されているもので、すべての製造過程が手作業で行われている。商品はオリジナルの木箱に詰められ、贈り物にぴったりだ。

 このビールのフレーバーについてクオンさんは、瓶の蓋を開けるとはちみつに溶け込んだショウガの香りが部屋中に広がる、と明かした。さらに、ビールが舌先に触れると心地よいほろ苦さと甘さがあり、喉を通ると身体中に温かさが行きわたる感じがするのだという。

前へ   1   2   次へ
[VnExpress 01:48 19/1/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【前編】 (21日)
 女優だったジエウ・トゥイ(Dieu Thuy)さんは、26歳でパイロットになるための勉強を始めた。彼女にとって、これはリスクの高い賭けのようなものだった。チャンスは1度きり。絶対にこのチャンスをつかむと決めた...>> 続き
徒歩でベトナム縦断、越僑夫婦の挑戦―生死さまよう病気乗り越え (14日)
 ベトナム系米国人のディーン・グエンさんと妻のキャサリン・グエンさんは、ディーンさんが生死をさまよう病気を乗り越えた後、故郷ベトナムを60日かけて徒歩で縦断するという計画を立てた。  夫婦はそろっ...>> 続き
村に戻って早6年、ジャングル生活40年の「森の人」は今 (7日)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護されたホー・バン・ランさん(47歳)は、現在も食べる物を探すため毎日森に入っている。村に戻って早6年、何人かの老人が彼のはっきりとしない話に...>> 続き
病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅 (3/31)
 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少...>> 続き
障がい者の生活改善へ、高3男子が音声操作型ロボットハンド開発 (3/24)
 北中部地方ハティン省のキーアイン高校3年生の男子生徒2人が、上肢に障がいを持つ人向けに声で操作することができるロボットハンドを開発し、全国中高生科学技術コンテストで3位に入賞した。ロボットハンドを開...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)