ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う

2019/02/10 05:29 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress

 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りしている。

 この古着市は、衣類や履物などの余ったものを持ち寄り、必要な人が自由に持って行けるようにとマンションの住民らが始めたものだ。

 ここには、面積20m2ほどの敷物の上に1mもの高さまで衣類が積み上げられている。衣類はまだ新しく、10人以上の人々がこの山の中から好きなものを選んではビニール袋に入れていく。しかし、どれだけたくさんの人が持って行っても、衣類の山は低くなるどころか高くなるばかり。新しく衣類を持って来る人が次々と現れるからだ。

 ある夫婦は5歳の娘を連れてこの古着市にやって来て、娘のためにスカートを選んでは試着させていた。「テト(旧正月)に娘にいくつか服をあげたいと思って。ここにはまだ新しいものがたくさんありますよ」と、はしゃぐ娘のそばで男性は嬉しそうに語る。

 3~4着を選んだ夫婦は、「少しだけ選んで、あとはこれから来る人のために残しておきます」と言って帰って行った。夫婦は、必要な人のためにと、自宅へ帰ってから自分たちの不要な衣類をまとめて、またここへ来るのだという。

前へ   1   2   次へ
[VnExpress 15:18 1/2/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【前編】 (21日)
 女優だったジエウ・トゥイ(Dieu Thuy)さんは、26歳でパイロットになるための勉強を始めた。彼女にとって、これはリスクの高い賭けのようなものだった。チャンスは1度きり。絶対にこのチャンスをつかむと決めた...>> 続き
徒歩でベトナム縦断、越僑夫婦の挑戦―生死さまよう病気乗り越え (14日)
 ベトナム系米国人のディーン・グエンさんと妻のキャサリン・グエンさんは、ディーンさんが生死をさまよう病気を乗り越えた後、故郷ベトナムを60日かけて徒歩で縦断するという計画を立てた。  夫婦はそろっ...>> 続き
村に戻って早6年、ジャングル生活40年の「森の人」は今 (7日)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護されたホー・バン・ランさん(47歳)は、現在も食べる物を探すため毎日森に入っている。村に戻って早6年、何人かの老人が彼のはっきりとしない話に...>> 続き
病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅 (3/31)
 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少...>> 続き
障がい者の生活改善へ、高3男子が音声操作型ロボットハンド開発 (3/24)
 北中部地方ハティン省のキーアイン高校3年生の男子生徒2人が、上肢に障がいを持つ人向けに声で操作することができるロボットハンドを開発し、全国中高生科学技術コンテストで3位に入賞した。ロボットハンドを開...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)