ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「物売りで覚えた外国語が人生を変えてくれた」フモン族の少女の今

2019/03/17 05:12 JST配信
Clip to Evernote

 ベトナムの少数民族の1つであるフモン族の少女、ロー・ティ・マイさんは、観光客向けに土産物を売り歩いていると人々が英語で話しかけてくるため、自然と英語を覚えていった。外国語が自分の人生を変えてくれた、とマイさんは話す。

 かつて「風のように英語を話すフモン族の少女」としてインターネット上で有名になったマイさん。現在は27歳になり、ベルギーにある自宅近くの病院で看護師の仕事をしている。

 別名「クレイジー・マイ」とも呼ばれるマイさんは、まっすぐで熱心。英語はとても流暢だが、一方でベトナム語はおぼつかない。マイさんがベトナム語で文字を書くときは声調記号がなく、綴りの間違いも多い。また時には人々が何を質問しているのか理解することができない。

 マイさんは、西北部地方ラオカイ省サパ郡サパ町の中心部から7kmほどの場所にあるラオチャイ村の出身で、5人家族の末っ子だ。家庭の状況は厳しく、当時10歳だった2002年からマイさんは学校に行きながら両親を助けるためにサパまで土産物を売りに行った。当時、村で自分のように物売りに行かなければいけない子供はあまりいなかった、とマイさん。

 マイさんは、どこかへ英語を勉強しに行ったわけでもなく、観光客への土産物売りの仕事を通じて英語を聞いて覚えただけだという。なぜ英語を話していたのか、という質問に対しては、「英語が話せれば、みんなマイのことを好きになってくれるから」と答えた。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing 06:16 27/02/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited