ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「物売りで覚えた外国語が人生を変えてくれた」フモン族の少女の今

2019/03/17 05:12 JST配信
Clip to Evernote

 ベトナムの少数民族の1つであるフモン族の少女、ロー・ティ・マイさんは、観光客向けに土産物を売り歩いていると人々が英語で話しかけてくるため、自然と英語を覚えていった。外国語が自分の人生を変えてくれた、とマイさんは話す。

 かつて「風のように英語を話すフモン族の少女」としてインターネット上で有名になったマイさん。現在は27歳になり、ベルギーにある自宅近くの病院で看護師の仕事をしている。

 別名「クレイジー・マイ」とも呼ばれるマイさんは、まっすぐで熱心。英語はとても流暢だが、一方でベトナム語はおぼつかない。マイさんがベトナム語で文字を書くときは声調記号がなく、綴りの間違いも多い。また時には人々が何を質問しているのか理解することができない。

 マイさんは、西北部地方ラオカイ省サパ郡サパ町の中心部から7kmほどの場所にあるラオチャイ村の出身で、5人家族の末っ子だ。家庭の状況は厳しく、当時10歳だった2002年からマイさんは学校に行きながら両親を助けるためにサパまで土産物を売りに行った。当時、村で自分のように物売りに行かなければいけない子供はあまりいなかった、とマイさん。

 マイさんは、どこかへ英語を勉強しに行ったわけでもなく、観光客への土産物売りの仕事を通じて英語を聞いて覚えただけだという。なぜ英語を話していたのか、という質問に対しては、「英語が話せれば、みんなマイのことを好きになってくれるから」と答えた。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing 06:16 27/02/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
レゴでベトナムのテトをリアルに再現、ベトナム人デザイナーが創作 (21日)
 2月15日、1400万人ものフォロワーを抱える「レゴ(LEGO)」のフェイスブック(Facebook)のファンページでベトナムのテト(旧正月)の伝統的な食事をブロックで再現した作品が紹介され、注目を集めた。この作品を手掛...>> 続き
宝くじ売りの女性、唯一の生きがいは「テトに帰省して娘の墓参りをすること」 (14日)
 南中部沿岸地方フーイエン省タイホア郡出身のチャン・ティ・クックさん(女性・54歳)は、ホーチミン市で宝くじを売って生計を立てている。  クックさんにとって、テト(旧正月)にフーイエン省に帰って娘の祭...>> 続き
新型コロナ禍、初めて迎える家族離れ離れのテト (7日)
 間もなくテト(旧正月)を迎えるが、クアン・ティンさん夫婦は、故郷で離れて暮らす5歳の息子に今年のテトは帰れないことをまだ伝えられずにいる。  「1年のうち10か月は離れて暮らしているので、息子に会い...>> 続き
全盲のピアニスト、母と二人三脚で夢を追う (1/31)
 生まれつき視覚障害を持つドー・グエン・アイン・トゥーさんは、ピアニストになるという夢を追って母親と共に故郷の南部メコンデルタ地方キエンザン省ラックザー市からホーチミン市に移り住んだ。18年間に渡る...>> 続き
トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態 (1/24)
前編はこちら  トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービ>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited