ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪

2019/07/07 05:47 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校したものだ。

 2019年5月14日、高橋廣太郎さんは娘の名がついた小学校を5年ぶりに訪問した。南中部沿岸地方ダナン市から南へ30km、トゥーボン川のそばの村にある2階建てのこの学校は、白砂が広がる貧しい田舎を明るくするかのように建っている。今から約25年前、ぼろぼろだった小学校を改築し、「ジュンコスクール」が開校した。

 廣太郎さんの末娘である高橋淳子さんは、20歳だった1993年、東南アジアの経済発展について研究しており、論文執筆のため、友人らとともにグループでベトナムへ調査に訪れた。淳子さんは、かつて最も激しい戦場の1つだったクアンナム省について調査した。

 そして、泥道を裸足で歩いて学校に行き、今にも崩れそうな教室で勉強する子供たちや人々の苦しみを目の当たりにし、心を痛めた。こうして淳子さんは、自分が働き出したらベトナムの子供たちがよりよい環境で学べるよう支援することに給料を使おう、と夢見るようになった。

 淳子さんが日本に帰国した後、廣太郎さんが寮を訪ねると、娘が目を赤くしながらベトナムの資料を眺めているということが幾夜もあった。「お父さん、どうしてこんなに誠実な人たちが戦争で苦しまなければならないの?彼らがかわいそう」と話す娘の頭を廣太郎さんはなでた。

 3か月後のある豪雨の日、廣太郎さんの自宅のドアの前に吊るしてあった陶製の風鈴が粉々に割れた。同時に、廣太郎さんは苦痛に満ちた電話を受けた。淳子さんが事故で亡くなったという知らせだった。数日前に淳子さんは友人と寺院に行き、ベトナム人のために祈ったばかりだった。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:00 19/06/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
刑務所4回、悪党から改心し病院で炊き出し支援―元不良の新たな人生 (6/16)
 何度も罪を犯した悪党としての過去を背負いながら、グエン・タイン・クオン(Nguyen Thanh Cuong)さん(男性・49歳、ホーチミン市3区在住)は毎日、ホーチミン市腫瘍病院の前にトラックを停めて貧しい人々に無料で...>> 続き
行方不明の娘を探して中国へ15回、魔の売春宿に潜入した父親 (6/9)
 「もう10年前のことになりますが、娘を探しに行ったあの旅を決して忘れることはありません」。ハノイ市メーリン郡にある古いアパートに住む60歳を超えたタンさんは、硬い表情でゆっくりと話した。  2007年...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)