ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習

2019/07/14 05:15 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 家族や村の長老に認められれば、両家の両親ときょうだいの立ち会いのもと、婚約式を夜にひっそりと行う。婚約式を取り仕切るのは仲人だ。婚約から結婚式までは、3か月もしくは1年かかる。結婚の前に結納品の薪が足りないと感じれば、女性は家族や友人、親戚に頼ん準備を手伝ってもらう。

 「私の結婚式では50束しか作りませんでしたが、準備には5年かかりましたよ」とクウさんは語る。当時は、100束から200束もの薪を準備する家もあったという。

 風習に従うと、結納品の薪は栗の木でなければならない。薪の直径は10~15cm、長さは85~90cmで、束にするときにぐらつかないよう長短を揃える。もしも森に栗の木がなければ、代わりにジタノキを使ってもよい。この2種類以外は、結納品の薪として使うことができない。

 女性側は均一で美しい薪を選び、男性側の家への結納品にする。この結納品の薪の束を見て、男性側の家は女性の資質を評価する。薪の束がまっすぐで均一で美しければ、この女性は健康で器用、勤勉であり、十分に家事を担うことができる、と見なされる。

 女性が薪を伐採する一方で、男性もまた籠を編んだり野生動物を狩ったりして才能をアピールし、女性が家に嫁入りするときに向けて準備する。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 00:00 21/6/2019, 00:00, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
自閉症の少年画家たちの夢、絵画で人生を彩る (22日)
 2021年12月、「障がい者が学校に通う権利」というテーマで開催された絵画コンテストで最優秀賞を受賞した17歳のチャン・ナム・ロンさんは、成功に満ちた1年を締め括った。  障がいを持つ子どもたちが他の多...>> 続き
父親は麻薬中毒に暴力・母親は家出…幼い弟を育てる小学4年生の少年 (15日)
 西北部地方ソンラ省に住む小学4年生のザン・アー・ソン君は、麻薬中毒の父親から暴力を受け、母親が家出する中で、これまで3年間にわたり母親の帰りを待ちながら弟の世話を続けている。  ソン君は2019年末...>> 続き
ロンタイン空港建設、地図から消えた村と人々の新生活 (8日)
 ベトナム最大の空港となるロンタイン国際空港。この一大プロジェクトのために土地を譲った人々はいま、どのような暮らしを送っているのだろうか。 地図から消えた村  3月はじめ、ロンタイン国際空港建...>> 続き
ヤミ美容整形の世界【後編】SNSで手に入る資格 (1日)
前編はこちら  ホーチミン市ゴーバップ区のヤミ美容整形クリニックで仕事をする男性T(31歳)は、施術のコツをこう話す。  「鼻のフィラー注射は難しい。施術するときは、>> 続き
ヤミ美容整形の世界【前編】あなたも3日で「センセイ」に (4/24)
 美しくなりたいと受ける美容整形……しかし術後のトラブルは後を絶たず、死亡事故も出ている。ホーチミン市には、美容整形の技術を教えるという「教室」も多数存在するが、果たしてその実態は――。 練習はホ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved