ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

結婚3か月で夫が寝たきりに、10年変わらぬ夫婦の愛の形

2019/07/28 05:05 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress.net
(C) vnexpress.net 写真の拡大
(C) vnexpress.net
(C) vnexpress.net 写真の拡大

 ハノイ市ホアンマイ区の小さな下宿に、結婚からわずか3か月後に寝たきり状態になった夫を10年にわたり献身的に介護する女性がいる。椅子の背にもたれながら座る夫の口にスプーンでご飯を運び、食事が済むと真一文字に口を結び痩せた腕で夫を抱えベッドに移す。やっとの思いで夫をベッドに横たわらせた頃には、女性の顔には汗が浮かび髪の毛が張り付いている。

 女性の名前はグエン・ティ・トゥー・チャンさん(39歳)。東北部地方フート省ベトチー市にある結婚式の前撮り専門の写真店で会計係として働いていた時に、その後夫となる同い年のグエン・バン・チュンさんと知り合った。西北部地方イエンバイ省出身のチュンさんは、高校を卒業するとチャンさんの働いていた写真店で見習いカメラマンとして働きだし、2人は意気投合。ほどなくして交際が始まり、1年後の2009年に結婚した。

 しかし幸せな結婚生活は長くは続かなかった。結婚からわずか3か月後のこと、チュンさんはバイクで仕事終わりのチャンさんを迎えに行く途中で外国人が運転する自動車に衝突され、脳に損傷を受けて全身不随に近い重篤な障害を負った。フート省とイエンバイ省で治療を受けたが、症状が良くなることはなかった。

 事故から1年後、加害者が治療費を補償しハノイ市でリハビリを受けるようになると、チュンさんは左手を少し動かせるようになり、いくつか言葉も発せられるようになった。しかし治療費は底をつき、ここ2年程はチュンさんが言葉を発することはほとんどなくなった。

 「加害者が入院費などの費用を全て補償してくれたので夫は今まで生きてこられました。加害者は自分の職場で私を雇い、住居も提供すると申し出てくれましたが、それでは物乞いと同じですから、お断りしたんです」とチャンさん。

前へ   1   2   3   次へ
[vnexpress.net 13:15 5/7/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」が新曲発表!独占インタビュー (13日)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますア...>> 続き
墓地にごみ捨て場、路上で90人の子供を拾い救った独身男性 (6日)
 グエン・バン・ラムさん(男性・47歳)は、11年余りの間に100人近い子供の命を救った。ごみ捨て場にいた子、トイレに捨てられていた子、両親を失った子、奇形の子…。男性はそんな子供たちを家に連れて帰り、彼ら...>> 続き
ベトナム映画「第三夫人と髪飾り」アッシュ・メイフェア監督インタビュー (9/29)
(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)  世界の巨匠たちがその才能を絶賛する1985年生まれのベトナム人女性監督、アッシュ・...>> 続き
片腕を失った退役軍人、愛する妻への贈り物に5度家を建てる (9/22)
 ハノイ市バービー郡ドンタイ村(xa Dong Thai, huyen Ba Vi)在住のチャン・バン・クエットさん(60歳)は、23歳で軍に入隊し、カンボジアの戦場に派遣された。1981年に片腕を失い、また腹部に重傷を負ったため、戦...>> 続き
2人のマルティーヌ、アフリカに渡り王女となったベトナム人少女たちの運命 (9/15)
 1970年11月末のことだった。17歳のマルティーヌは父親に会うためにアフリカへ渡りリムジンバスに乗るまで、旧サイゴンの路上でタバコ売りをしていたごく普通の少女だった。浅黒い肌と巻き毛をしたマルティーヌ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)