ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

<明日は明日の試合がある>フィリップ・トルシエ(元サッカー日本代表監督) ベトナムで育成世代にサッカー全力指導中【前編】

2019/08/04 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) Miwa.A
(C) Miwa.A 写真の拡大

(※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。)

(C) Miwa.A


 2019年6月のハノイ市郊外サッカー場。少年たちが炎天の下ボールを追っている。その中で見覚えのある眼鏡にヘアスタイルの外国人が、大きなジェスチャーで声を張り上げている。

 2002年6月、アジア初のサッカーのワールドカップ(以降W杯と表記)が、日本と韓国で開催された。歴史的な初勝利で、日本中を青い熱狂の渦に包みこんだ日本代表チームの監督は、フランス人フィリップ・トルシエだった。あの6月から17年が経ち、64歳になるトルシエ氏は今日、ベトナムで子供たちと共にピッチの中を走っていた。

 W杯ベスト16という史上初の結果は、世界とサッカーで戦っていける自信を日本にもたらした。トルシエ監督の手腕は高く評価されたが、1998年の就任から任期終了までの4年の間には、その斬新な戦術、指導法、人選、ストレートな発言や、感情の表し方などは、周囲から激しい批判を受けることもしばしばだった。

 トルシエ氏は、34歳の時にフランスを後にし、コートジボワールへ渡ってから今日まで30年の間、アフリカ、日本を含めたアジア、中東の異文化の中で生活し、サッカー監督の仕事をしてきた。自らを“地球を旅する人”(globe trotter)と称する彼は、どんな人なのだろう。ベトナムや、これまで見てきた国々、そして4年間指揮をとった日本で感じたこと、監督という仕事、サッカー、数年前から始めたワイン造りやこれからのことなど、ハノイ市で話を伺った。

 

ベトナム、日本、アフリカ、フランス

―――ベトナムではどんな仕事を。

PVF(ベトナムサッカー才能育成基金/Promotion fund of Vietnamese football talents)(*1)という育成機関の技術統括ディレクターをしています。ワールドクラスの立派な施設ですが、ベトナムサッカーはこれからですので、ビル建築で言えば、ビルの土台を創っているようなものです。選手だけでなく、指導者の人材、マネージメントや国際サッカー業界の仕組みの理解なども含めての育成です。なので専門スタッフをフランスから呼び、チームで多方面から指導しています。毎日グラウンドに出て、子供たちに直接動き方を教えたり動きを見たりするので、一日二回着替えています。



PVF グラウンド   (C) P.Troussier


PVF就任式   (C) P.Troussier
 

―――ほぼゼロからなのですね。体力的にも大変そうですがなぜこの仕事を。

ベトナムには今、サポーターにも選手にも、“ワールドカップに出たい”という大きな夢があります。そのために何でも吸収し努力していこうと、やる気も溢れています。サッカーに限らず、この国全体がそういう時期なのでしょう。あらゆる産業が世界を目指して動いている強いエネルギーを感じたからです。

 

*1:PVF
PVF(Promotion fund of Vietnamese football talents / ベトナムサッカー才能育成基金)ベトナム最大の複合企業ビングループが投資する育成プロジェクト。
ハノイ市郊外の22ヘクタールの広大な敷地の最新式の施設には、スタジアムと、練習用サッカーグラウンドが6面あり、プールやジムも整備されている。ここでベトナム全国から選抜された10歳から18歳のサッカー少年たち約200人が寝起きし、学校へ通い、授業が終わると、サッカーの英才教育を受けている。トルシエ氏は就任と同時に13人の外国人精鋭指導チームを組織しここに招いた。海外サッカークラブとの提携や国際試合への参加も積極的に進めている。
http://www.pvf.com.vn/en/

前へ   1   2   3   次へ
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (4/18)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited