ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影

2020/02/23 05:12 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress

 こうした海外への出稼ぎにより、村の姿が劇的に変わり、村には複数階建ての家屋が競うように建っていった。村や村落の役人も、貧しい人々や洪水の被害者に対する支援を求めるのにも苦労しなくなった。

 しかし、「全てのことには2つの側面があり、経済的な豊かさが弊害になることもあります」とドンタン村の幹部は話す。ドンタン村人民調査委員会のグエン・スアン・フオン副委員長によると、2019年には調停を要する家庭内トラブルが10件発生した。

 いずれも妻が海外へ出稼ぎに行っている家庭で、トラブルの原因は主に嫉妬や金銭問題だ。遠方へ仕事に行っている多くの女性が夫を信頼せず、夫でなく友人や親戚に仕送りする方法を選ぶ。

 しかし、妻たちの「イライラ」に正当性がないわけでもない。例えばビンニン村落では、妻が台湾へ出稼ぎに行っている間に夫は村の女性と親しくなり、2人で南部に移住してしまったというケースもある。他にも、妻が仕送りしたお金を夫は遊びに使い、ついには麻薬に手を出したというケースもある。

 結婚生活25年間のうち20年間は妻が出稼ぎに行っている、という夫婦も多い。家庭の幸せの崩壊を危惧し、フオン副委員長は自分の子供たちが故郷を離れる際は「2人一緒に」行かせた。フオン副委員長の息子3人はいずれも台湾で働いている、または働いたことがあるが、いずれも夫婦で行った。その代わり、フオンさん夫妻は故郷に残された6人の孫たちの面倒を見ることになった。

 「孫たちのために1日2食を用意するだけでもう他のことをする時間はとれませんでした。一番大変なのは孫たちが大暴れする休日でした」とフオン副委員長は顔をしかめた。しかし、子供たちが出稼ぎに行ったおかげで、2012年には2階建ての家が2つも建った。

 「今はもう末っ子のところの孫2人の面倒を見るだけです。上の2人はベトナムに帰国しました。何はともあれ、辞め時さえ知っていれば、海外へ出稼ぎに行くのは良いことです」とフオン副委員長は語った。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 01:41 07/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
がんに打ち勝ったシングルマザー、病を経て人生に輝き (6/26)
 トゥイさんにとってがんは人生の終わりではなく、彼女の人生をより輝かしく再スタートさせるためのチャンスとなった。 1日が50時間あればと願った闘病の日々  「お母さんね、がんになっちゃった!」トゥ...>> 続き
ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人 (6/19)
 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。  トゥエンさん一家の工房は、...>> 続き
日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力 (6/12)
 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6...>> 続き
「異形」のベトナム男児と米国女性の物語 (6/5)
 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。  「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入...>> 続き
兄は姉、妹は弟…トランスジェンダーの兄妹が自分自身を見つけるまで (5/29)
 男性の身体を持って生まれたキム・トゥンさんは、自分に無理をしながら周りの人々のために男性として生きていた。しかしある時トゥンさんは、妹のイエン・ニーさんも女性の身体を持ちながら内面は男性であるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved