ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムで最初の女性医師、アンリエット・ブイ・クアン・チエウ

2020/03/01 05:31 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantri、25歳のアンリエット女史
(C) dantri、25歳のアンリエット女史 写真の拡大
(C) dantri
(C) dantri 写真の拡大

 2月27日は「ベトナムの医師の日」で、医療の伝統を重んじ、国民の健康に貢献した団体と医療関係者を顕彰する日となっている。

 西洋医学が入ってくる前、ベトナムでは病気の治療というと祈祷師や助産師、漢方薬に頼っていた。しかし、ベトナムがフランスの植民地支配のもとに置かれると、国内でも医師や診療所のシステムが徐々に広がっていった。

 ベトナム人もそれに従い、西洋医学にアプローチするようになった。こうした中、アンリエット・ブイ・クアン・チエウ(Henriette Bui Quang Chieu)女史は、ベトナムで最初の女性医師となった。

 アンリエット女史は、1945年以前のナムキー(南析)で特に名が知られていたブイ・クアン・チエウ(Bui Quang Chieu)氏の娘だ。父親のチエウ氏はフランス留学の経験があり、農業関連の技術者だった。父親のチエウ氏は政治の分野でも活動し、立憲党の創立や報道の自由などに貢献したほか、多くの学生のフランス留学を支援した。

 2018年9月3日付けのトイダイ(Thoi Dai=時代)紙の記事「最初のベトナム人女性医師は誰か?(Nu bac si nguoi Viet dau tien la ai?)」によると、アンリエット女史は有名な政治活動家の娘だったこと、またフランス国籍を有していたことから、お金も十分にあり、フランスとベトナムの先進的な教育を受けた。そして後にフランスへ留学し、ベトナムで最初の女性医師となったのだ。

 幼い頃、アンリエット女史はサイゴン(現在のホーチミン市)にあるサンポール・ドゥ・シャルトル学校に通った。1915年に卒業し、コレージュ・デ・ジュンヌ・フィーユ学校(現在のホーチミン市3区グエンティミンカイ高校)へ進学した。

前へ   1   2   3   次へ
[Phap Luat Thanh pho Ho Chi Minh 10:16 27/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (24日)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (17日)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (10日)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (3日)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
山の麓に住む99歳の「仙人」、漢方薬で人々を救う (4/26)
 朝から晩までひっきりなしに続く診察、漢方薬の処方、患者への電話応答は、もうじき100歳を迎えるファム・ト・タンさんの1日のルーティンワークだ。  家の裏で鶏が鳴くと、タンさんは寝床から起き、サンダ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)