ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

新型コロナで行き場失った農産物を救え!果物入り米粉製品を開発

2020/03/08 05:24 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により行き場を失った農産物の「救助」が叫ばれる中、ホーチミン市クチ郡のレ・ズイ・トアンさん(男性・32歳)は、売れ残ったスイカやドラゴンフルーツを使ったバインチャン(banh trang=ライスペーパー)やブン(bun)、フォー(pho)を開発した。

 数週間前、トアンさんは困っている農民を助けるため、売れ残りのスイカを買って帰りスタッフに分けたが、普通に食べていてはたくさん消費することができず、問題の解決にならないと気付いた。

 以来、自身が手掛ける伝統的な米粉製品の強みを活かし、トアンさんはライスペーパーやブン、フォーと、スイカやドラゴンフルーツを組み合わせた商品の研究に取り掛かった。

 「私の強みは、作っている商品が既に市場に出回っているという点です。今、農産物はとても豊富にあり、『救助』できなければ廃棄せざるを得ません。そして農産物の質も良い。それならば、自分の商品と農産物を組み合わせることで、農民を助けながら、伝統的かつユニークで斬新な商品を作ればいいと考えました」とトアンさん。

 1週間にわたり研究と実験を重ね、ついに魅力的な商品が完成した。「最初の実験では、麺は固いし色は薄いし、味も美味しくなく、期待していたような完成品にはなりませんでした。そこでレシピを調整しましたが、まだ固い。やっとレシピの分量が整っても、今度は乾燥時の温度が足りず、麺の見た目が悪い。こうして、7~8回の調整を繰り返してやっと今の商品ができあがりました」とトアンさんは語る。

 まず、新鮮なスイカをきれいに洗い、皮を剥いて小さく切る。種を取り除き、ブレンダーに入れて果肉を残しつつピューレ状にする。このピューレを、美しく自然なスイカの色になるよう適切な割合で米粉と混ぜる。茹で上がったブンは、柔らかさとコシがあり、スイカの香りがしなければならない。

 現在のところ、トアンさんのところではスイカを使ったブンとフォー、ライスペーパーを作ることができるが、ドラゴンフルーツは小さな種があるためライスペーパーしか作れない。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 07:58 26/02/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited