ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2大陸を大型バイクで制覇、66歳の4万5000kmの旅

2020/03/22 05:35 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 チャン・レ・フンさん(男性・66歳)は、6か月かけてアジア大陸とヨーロッパ大陸をバイクで横断した。その間には、チェーンが2回切れ、タイヤを3本交換し、数えきれないほど転倒した。

 機械技術者だった若かりし頃から、フンさんはあちこち移動するのが好きだった。2018年、バイクで世界を旅したベトナム人の若者ダン・コアさんをきっかけに、フンさん自身も旅に出ることを思いついた。

 フンさんは新しく大型バイクを購入し、半年かけて身体を調整した。2018年の冬から2019年の夏にかけて、来る日も来る日も重量200kgのバイクを慣らし、雨でも真夜中でもあらゆる地形を走った。そして、地図の読み方や目的地の国々の宗教や政治を学んだ。

 「身体を鍛え、持久力を高めるために、気温10度以下の寒さで紅(ホン)河に泳ぎに行き、サッカーをし、武術も練習しました」と、身長1.6m、体重52kgのフンさんは語る。

 そして2019年7月2日、フンさんはついに同行者のガイドとともに出発した。

 その日、ラオスの国境を越えて50kmほど走ったところで最初の事故が起きた。「悪路に入り、不注意であまりにも大きくカーブしてしまい、ハンドルを制御できなくなりました。崖から落ちないよう道端の距離標に突っ込みました。バイクのフロント部分は破損し、タイヤはリムから外れ、私は吹っ飛びました」とフンさん。「ここで転倒したことでその先さらに注意深くなれる、と幸運に感じました」。

 通常は毎日20L(400km以上分)のガソリンタンクが空っぽになるくらい走っていたが、日によってはビザの期限に間に合うよう、気温40度以上の暑さで中国や新疆の砂嵐の中を1000kmも走らなければならないこともあった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 12:22 10/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
がんに打ち勝ったシングルマザー、病を経て人生に輝き (26日)
 トゥイさんにとってがんは人生の終わりではなく、彼女の人生をより輝かしく再スタートさせるためのチャンスとなった。 1日が50時間あればと願った闘病の日々  「お母さんね、がんになっちゃった!」トゥ...>> 続き
ハノイの「鍛冶屋村」唯一の女性職人 (19日)
 初夏の午前7時、ドー・ティ・トゥエンさん(女性・57歳)は手持ちの中で一番古い服を選び、ブーツを履き、分厚いグローブをはめ、布の帽子をかぶって、40年物の炉に火を入れる。  トゥエンさん一家の工房は、...>> 続き
日本初のベトナム人ロックバンド「KURROCK」、異彩を放つ魅力 (12日)
 2022年6月に東京・代々木公園イベント広場で開催された「ベトナムフェスティバル2022」で、ひときわ異彩を放つアーティストがステージに登場した。東京をベースに活動する、ベトナム人5人と日本人1人からなる6...>> 続き
「異形」のベトナム男児と米国女性の物語 (5日)
 17年前、ホープさん夫妻は、フンという名のベトナム人男児を養子に迎えた。小さく、体中に疥癬があり、そして顔の半分が腫瘍に覆われた男の子だった。  「サミュエルはもう高校を卒業して、じきに大学に入...>> 続き
兄は姉、妹は弟…トランスジェンダーの兄妹が自分自身を見つけるまで (5/29)
 男性の身体を持って生まれたキム・トゥンさんは、自分に無理をしながら周りの人々のために男性として生きていた。しかしある時トゥンさんは、妹のイエン・ニーさんも女性の身体を持ちながら内面は男性であるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved