ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2大陸を大型バイクで制覇、66歳の4万5000kmの旅

2020/03/22 05:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 チャン・レ・フンさん(男性・66歳)は、6か月かけてアジア大陸とヨーロッパ大陸をバイクで横断した。その間には、チェーンが2回切れ、タイヤを3本交換し、数えきれないほど転倒した。

 機械技術者だった若かりし頃から、フンさんはあちこち移動するのが好きだった。2018年、バイクで世界を旅したベトナム人の若者ダン・コアさんをきっかけに、フンさん自身も旅に出ることを思いついた。

 フンさんは新しく大型バイクを購入し、半年かけて身体を調整した。2018年の冬から2019年の夏にかけて、来る日も来る日も重量200kgのバイクを慣らし、雨でも真夜中でもあらゆる地形を走った。そして、地図の読み方や目的地の国々の宗教や政治を学んだ。

 「身体を鍛え、持久力を高めるために、気温10度以下の寒さで紅(ホン)河に泳ぎに行き、サッカーをし、武術も練習しました」と、身長1.6m、体重52kgのフンさんは語る。

 そして2019年7月2日、フンさんはついに同行者のガイドとともに出発した。

 その日、ラオスの国境を越えて50kmほど走ったところで最初の事故が起きた。「悪路に入り、不注意であまりにも大きくカーブしてしまい、ハンドルを制御できなくなりました。崖から落ちないよう道端の距離標に突っ込みました。バイクのフロント部分は破損し、タイヤはリムから外れ、私は吹っ飛びました」とフンさん。「ここで転倒したことでその先さらに注意深くなれる、と幸運に感じました」。

 通常は毎日20L(400km以上分)のガソリンタンクが空っぽになるくらい走っていたが、日によってはビザの期限に間に合うよう、気温40度以上の暑さで中国や新疆の砂嵐の中を1000kmも走らなければならないこともあった。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 12:22 10/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間 (18日)
 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。 ...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (11日)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4日)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
日本のベトナム人不法残留者数1.6万人、国籍別トップ (2日)
 日本の法務省出入国在留管理庁が発表した2021年1月1日時点における不法残留者数に関する統計によると、同時点の日本におけるベトナム人不法残留者数は1万5689人で、2020年1月1日時点の1万5561人と比べて+0.8%(...>> 続き
ニャチャンの海辺に佇むシクロの祭壇と孤独な運転手の物語 (3/28)
 2021年のテト(旧正月)のころ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の海沿いの道に寂しく佇む、ある孤独な男性が運転していたシクロの祭壇にまつわる話が...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited