ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2大陸を大型バイクで制覇、66歳の4万5000kmの旅

2020/03/22 05:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 チャン・レ・フンさん(男性・66歳)は、6か月かけてアジア大陸とヨーロッパ大陸をバイクで横断した。その間には、チェーンが2回切れ、タイヤを3本交換し、数えきれないほど転倒した。

 機械技術者だった若かりし頃から、フンさんはあちこち移動するのが好きだった。2018年、バイクで世界を旅したベトナム人の若者ダン・コアさんをきっかけに、フンさん自身も旅に出ることを思いついた。

 フンさんは新しく大型バイクを購入し、半年かけて身体を調整した。2018年の冬から2019年の夏にかけて、来る日も来る日も重量200kgのバイクを慣らし、雨でも真夜中でもあらゆる地形を走った。そして、地図の読み方や目的地の国々の宗教や政治を学んだ。

 「身体を鍛え、持久力を高めるために、気温10度以下の寒さで紅(ホン)河に泳ぎに行き、サッカーをし、武術も練習しました」と、身長1.6m、体重52kgのフンさんは語る。

 そして2019年7月2日、フンさんはついに同行者のガイドとともに出発した。

 その日、ラオスの国境を越えて50kmほど走ったところで最初の事故が起きた。「悪路に入り、不注意であまりにも大きくカーブしてしまい、ハンドルを制御できなくなりました。崖から落ちないよう道端の距離標に突っ込みました。バイクのフロント部分は破損し、タイヤはリムから外れ、私は吹っ飛びました」とフンさん。「ここで転倒したことでその先さらに注意深くなれる、と幸運に感じました」。

 通常は毎日20L(400km以上分)のガソリンタンクが空っぽになるくらい走っていたが、日によってはビザの期限に間に合うよう、気温40度以上の暑さで中国や新疆の砂嵐の中を1000kmも走らなければならないこともあった。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 12:22 10/01/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (5/17)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)