ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」

2020/05/10 05:48 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けている唯一の人物とされる。自宅が仕事場で、客たちからは「本のお医者さん」と呼ばれている。

 15歳の時、製本の仕事に魅了され、友人の家族が営む印刷工場で作業の手伝いをさせてほしいと申し出た。1978年に高校を卒業したが、大学入学試験は受けなかった。それからザンさんは協同組合の印刷工場の従業員となり、新しい本の製本や古本の修復を担当した。

 「2歳のときにポリオにかかり右脚に障害を負ったため、文学を教える先生になることができませんでした。製本の仕事であれば私の健康状態に適していると思い、この仕事を選びました」とザンさんは振り返る。

 客が古本を持ってくると、損傷の程度に応じて様々な方法で修復する。しかし、ザンさんのもとにやってくる「病人」のほとんどは状態が非常に悪く、「大手術」が必要になる。こうした状態の悪い本は、注意深くページごとに分解し、きれいにして元通りに並べ直し、背の部分にのこぎりで2本の線を切り込み、穴を開けて針と糸で縫っていく。

 ザンさんによると、1980~1990年ごろは古本修復の仕事が非常に流行していた。当時は多くの人が本に夢中で、古くなれば直してもらいに行っていた。インターネットが普及すると、読書の習慣が廃れていき、ザンさんのところにくる客も減っていった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 06:00 05/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited