ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

トランスジェンダーが集う「闇市」に潜入【後編】ネット売春の実態

2021/01/24 05:28 JST配信
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大

前編はこちら

 トランスジェンダーの人々は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のグループを、性転換の悩みを相談したり、経験をシェアしたりする場としてだけでなく、自分の「サービス」を売り込むツールとしても活用している。

 前編でも話を聞いた東南部地方ビンズオン省在住のシャオ・ミー(Xiao Mie)さん(26歳)は、何度目かの約束でようやく、トランスジェンダーの売春に特化したフェイスブック(Facebook)の秘密のグループに記者を潜入させてくれた。

 グループに入るのは難しくなく、管理人からの簡単な質問に答えて数分待つだけで、グループの新メンバーになることができる。

 グループでは、完全に性転換手術を終えている人もそうでない人も、皆一様にセクシーな写真とコメントを投稿し、客を探している。ただし、度を超えた写真を投稿すればフェイスブックにグループのページを制限されてしまう危険性があるため、管理人が注意を促す。

 写真には、「お客さん募集中、ザロ(Zalo)で繋がりましょう」や「(ホーチミン市)8区在住のレディボーイ。お客さん募集中。連絡ください」など、客を探すコメントが添えられている。中には集団での売春を呼び掛ける人もいる。

 このグループの人々の「サービス」の料金は決して安くない。ゴック・リン・ニーと名乗るメンバーは「ホテルのみ。1時間50万VND(約2300円)。1晩100万VND(約4500円)」と書き込んでいた。

 一方、ゴ・ミー・イエンというメンバーは1時間60万VND(約2700円)、1晩120万VND(約5400円)を提示していた。メンバーたちは、数千万VND(1000万VND=約4万5000円)で「セックスツアー」も受ける。

 また、SNSのグループで公に活動するだけでなく、経験豊富な人はアダルトサイトを通じて客を探す。その1人であるN.M.さんはこう語る。「私はグループのほかに、ウェブサイトでもお客さんを探します。フェイスブックで出会うお客さんはほとんどが冷やかしで、声をかけるだけかけて、実際には会う気がない。そういうお客さんはいりません。ウェブサイトで見つけるお客さんのほうが、質が良いですね」。

 N.M.さんに紹介されたアダルトサイトにアクセスすると、生計を立てるために身体を売ることを選んだ女性たちが、自己紹介とともにヌードやベッドの写真を公開し、客を探している。アダルトサイトには、N.M.さん自身も投稿している、トランスジェンダーに特化したコンテンツもある。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Vietnamnet 04:25 30/12/2020, 09:30 31/12/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited