ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

夫に火をつけられ生死をさまよった女性、復活までの2年間

2021/04/18 05:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 夫にガソリンを掛けられ、火をつけられたために身体の92%に火傷を負い、生死の狭間をさまよったレ・ティ・キム・ガンさん(女性・34歳)は、その後の2年間に様々な困難を乗り越えながら、新しい生活を築いた。

 ある週末の朝、ガンさんは新しくオープンする店の開店式で使うお供え物を市場に買いに行くため、早く起きた。母親のガンさんが新しい服に着替えているのを見て、2人の息子も一緒に行きたがった。市場に向かう途中、バイクを運転する母親にぎゅっと抱きつき、8歳の息子は「今日みたいにきれいな服を着ているお母さんが好き。昔と同じくらいきれいだよ」とささやいた。

 少し長いため息の後にガンさんは微笑み、2年前の3月の夜に聞いた、夫が手にしていたライターの音を思い出して目を赤くした。当時、重度の結核を患っていた夫は、サッカー賭博で負けて借金の取り立てに追われており、自宅にガソリンを撒いて火をつけ、妻と子供たちを巻き添えにして心中を図った。

 火の海の中でもガンさんは何とか意識を保ち、鍵を探してドアを開け、2人の子供たちを引っ張り外に出て、近所の家に駆け込んだ。ガンさんが着ていた服は燃え尽き、かろうじて2人の息子といくつか言葉を交わして気を失った。その時、ガンさんは「自分は死ぬだろう」とも思ったが、身体の92%を火傷しても奇跡的に生き残った。

 事件後、ガンさんは南中部沿岸地方フーイエン省からホーチミン市に移送され、治療を受けた。最初の10日間、ガンさんは両目以外の身体中の皮膚が包帯で巻かれた状態で、ベッドの上で身動きがとれないまま横たわっていた。1か月間の入院中、ガンさんはほぼ毎晩、自宅が燃えている夢を見た。

 退院後、ガンさんは家族が壁に取り付けてくれた鉄の棒につかまり、子供のように少しずつ歩く練習を始めた。助けてくれる人がいない中で何度も転倒し、身体中の傷跡からは血が滲んでどこもかしこも痛んだが、自分で起き上がるしかなかった。辛い日々の中で、ガンさんは何度も自殺を考えたが、心の奥では生きていつか夫に再会し、「私が何か悪いことをした?なぜあんなことをしたの?」と聞きたい思いもあった。

 最初の4か月間、ガンさんは生活の全てを親族に頼らなければならなかった。当時9歳と6歳だった2人の息子たちも市場に買い物に行き、簡単な料理も練習して母親をサポートした。度々、2人で一緒に母親をトイレに連れて行ったりもした。

 ある日、2人の息子が学校から帰ってきたちょうどその時、ガンさんは火事の後初めて、足を引きずりながらも自分で短い距離を歩くことができた。息子2人は背負っていたリュックを地面に放り投げてガンさんの元に駆けつけ、母親を抱きしめながら泣いて喜んだ。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 05:05 17/03/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
SNSで里親探しも…4人の子供を育てるシングルファザーの事情 (9日)
 4人の幼い子供を残して内縁の妻が姿を消し、ミンさんは男手ひとつで子供たちを育てていく決心をした。ある日、苦難のあまり子供を里子に出したいとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に書き込んだミ...>> 続き
ベトナムにおけるメーデー(5月1日)の歴史と意義 (2日)
 5月1日は「メーデー(労働者の日)」で、2021年で135周年を迎えた。この日はベトナムの祝日でもある。  世界における労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日にアメリカ合衆国・カナダ職能労働組合連盟(...>> 続き
ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う (4/25)
 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となって...>> 続き
ホーチミンの貧しい人々に古着を無料で届ける、ボランティアに生きる81歳 (4/11)
 ホーチミン市ニャーベー郡在住のグエン・バン・トゥーさん(81歳)はこの4年間、毎日市内の工場労働者や貧しい人々に古着を無料で配っている。色々な人から「他人事の世話をするなんて、あの聴唖(ちょうあ)のじい...>> 続き
がんと闘いながら記憶喪失の親友と暮らす、70代の2人の友情 (4/4)
 71歳のディン・ロンさんは、自分のほうがまだ元気だからとがんを患いながらも毎日お金を稼ぎに出かけ、同い年の親友であり、記憶を失ったルオン・フイン・タイさんの世話をしている。タイさんにとって、ロンさ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited