ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイの交通事故救助隊ボランティア、二足のわらじで市民を救う

2021/04/25 10:21 JST配信
Clip to Evernote
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大
(C) zingnews
(C) zingnews 写真の拡大

 ハノイ市で2年近く前から活動しているボランティアの交通事故救助隊「FASエンジェル(FAS Angel)」は、これまでに3000件以上の交通事故現場に出動し、けが人を救ってきた。チームは市民にも知られた存在となっている。

 時計の針が午後9時30分を指すと、メンバーたちは救急医療キットを入念にチェックし、配置の割り当てを受け取る。そして、「誰のことも見捨てない(KHONG BO ROI AI CA)」とプリントされた緑色のジャンパーに反射ベストを着て出発し、市内各地の通りに散っていく。

 FASエンジェルのメンバーは祝日やテト(旧正月)も毎日活動している。リーダーのファム・クオック・ベトさんはこう語る。「我々のことを英雄と呼んで称賛してくれる人もいれば、『得もないのに他人を助けている』と言って批判する人もいます。でも我々はただ単純に、仕事は仕事と考えています。シフトを終えて、誰もけが人がいなければ、それで十分嬉しいんです」。

 救助隊は2019年に結成された。メンバーは主にバイクタクシーの運転手やシッパーだ。日中は忙しく働いて生計を立て、夜はボランティアの救助隊として活動している。「日中の仕事柄、メンバーはハノイ市内の通りに精通しています。もしどこかで事故が発生すれば、皆すぐに現場に駆け付け、けが人を助けることができます」とベトさんは語る。

 結成当初はメンバーが2人しかいなかったが、現在は70人余りにまで増えた。救助隊の活動に参加する前には、基本的な応急処置などの訓練を受ける。毎月メンバー1人1人が少額のお金を出し合い、包帯や薬、道具などを購入している。

 メンバーは普段、夜間に衝突事故が発生しやすい環状3号線やキムリエントンネル、ザイフォン通り、グエンチャイ通り、グエンシエン通り、チュオンチン通り、ディンコン通りなどを見回る。

 パトロールに加えて、FASエンジェルには24時間対応のオンライングループもあり、彼らはインターネットの掲示板で交通情報をチェックし、警察の「113番」、消防の「115番」の情報も受けている。

 事故の情報が入ると、リーダーの指示で現場付近にいるメンバーが急行し、救急車が間に合わなかった場合に応急処置を行う。任務にあたるメンバーにとって、道路をすいすいと走れた日は事故もなく、皆が安全に移動できたということでもあるため、ラッキーと感じるのだという。

前へ   1   2   3   次へ
[Zing 08:15 24/03/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
サパでイチゴ栽培に奮闘する夫婦、年間3万人が訪れる人気のイチゴ狩りスポットに (13日)
 西北部地方ラオカイ省サパ町サパ街区からターフィン地域に向かって約7kmの場所に位置する面積2haのイチゴ農園は、イチゴ狩りが体験できるスポットとして多くの観光客で賑わい、サパを訪れる時に外せない「チェ...>> 続き
下半身不随でも諦めず、機械工として生きる男性 (6日)
 2歳の時に両脚が麻痺し、小学校3年生までしか学校に通えず、それでも独学で勉強し続けたカオ・コン・タインさん(男性・55歳)は、機械工として働き、数十種類もの農業機械を製造してきた。  工具が散らかっ...>> 続き
ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年 (5/30)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村...>> 続き
麻薬中毒から自力で抜け出した男性、20年経て中毒者の支援に尽力 (5/23)
 レ・チュン・トゥアンさんは、麻薬に溺れる日々から自力で立ち直り、麻薬中毒者の社会復帰を支援する施設を立ち上げ、数百人もの中毒者をサポートしている。  「母は6回の流産の後に私を出産したため、私は...>> 続き
隔離施設で出会い結婚、新型コロナ禍の隔離対象者と医療スタッフの愛の物語 (5/16)
 新型コロナ禍の集中隔離施設でフオン・リンさんとホアン・ハイさんは偶然出会い、隔離中だったリンさんは医療スタッフとして自分の世話をしてくれるハイさんにシンパシーを感じた。その後6か月間の交際を経て、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited