ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ジャングル生活40年の「森の人」、がんと闘う 村に戻って8年

2021/05/30 10:18 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護された「森の人」ことホー・バン・ランさん(男性・52歳※)は、村に戻って今年で8年が経つ。南中部沿岸地方クアンガイ省チャーボン郡チャーフォン村チャーガー村落に弟と暮らしながら、肝臓がんと闘っている。

 去年の今ごろはまだ、弟のホー・バン・チーさんや近所の人たちと一緒に田んぼを耕していたが、今では台所をうろうろするだけだ。弟は台所のかまどのそばに座り、薬を煎じて兄に飲ませる。

 ビンロウの実が入った袋を手にし、キンマで歯を黒くするのが好きなランさんだが、笑顔に以前のような自然さはなくなっている。ランさんは痩せこけ、日焼けした肌も青白く見える。

 今から8年前の2013年、ベトナム戦争中にジャングルの中へ逃げ込んでから40年間も2人だけで古代人のような生活を送っていたランさんと父親のホー・バン・タインさんが保護され、村に連れ戻された。

 保護された当時のランさんは村人や親戚たちに当惑していたが、今は自身の病気に当惑している。「しんどいですよ。チーたち夫婦が仕事をして私の病気を治すための薬を見繕ってきてくれます。長生きして、甥姪が成長するのを見届けたいものです」とランさん。

 チーさんによると、ランさんは自宅から4km離れた山中にある小屋で暮らしていた去年から、腹部と胸部の間に痛みを感じていたという。その時はチーさんもただの腹痛だろうと思い、山間部で「万能薬」とされる葉っぱを兄のために採りに行き、煎じて飲ませた。

※2019年の時点では47歳と報じられていたが、直近の現地紙の記事では52歳となっている。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 10:39 20/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
コロナ関連記事を翻訳、フェイクニュースと戦う在ベトナム英国人男性 (1日)
 ネット上に氾濫するフェイクニュースと日夜格闘しながら、在ベトナムの外国人コミュニティ向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を収集・翻訳している英国人男性がいる。男性は1日14ӏ...>> 続き
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (7/25)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (7/18)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (7/11)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (7/4)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited