ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って

2021/09/12 10:17 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に包み、自宅から約10km離れた郵便局まで雨の中バイクを走らせた。9月2日の建国記念日に間に合うよう、西北部地方ソンラ省へ送るためだ。

 ハノイ市も他の省も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で社会的隔離措置が講じられ、荷物の輸送も困難になる中、今年は建国記念日を祝って飾る国旗の需要も低迷した。

 郵便局から国旗を郵送したフックさんは自宅に戻り、ひとつ仕事を済ませてから、出稼ぎに行くために村を離れる同年代の友人たちに国旗を配りに出かけた。これは、フックさんが何年も恒例にしていることだ。

 タインチー郡に住む友人の家に立ち寄ったフックさんは、友人を呼ぶことなく家の前に掲げてある国旗をそっと新しいものに換え、古い国旗をたたんで持ち帰った。

 「3世代にわたり国旗の縫製一筋という一家に生まれた私の喜びは、通りにはためく、新しく鮮やかな金星紅旗を見ることです」とフックさんは語る。

 トゥーバン村落にある3部屋の家屋から、フックさんの妻であるダオ・ティ・ズエンさんが使うミシンの音だけが響きわたる。新型コロナが発生して以来、10台余りあるミシンのほとんどが休眠状態だ。

 ズエンさんは赤い布を4つに折りたたんで中心を決めてから、器用に黄金の星の布を中央に据え、直線で縫い付けた。30年近くこの仕事をしているズエンさんは、わずか10分で1枚の国旗を完成させてしまう。

 ズエンさんによると、数年前は9月2日の建国記念日が近づくと、全国各地から注文が殺到し、一家は職人を追加で雇ってやっと生産が追いつくほどだったという。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:05 02/09/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (19日)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
夫との死別、我が子のがん闘病…苦難を乗り越えて強く生きる (5日)
 空軍士官だった夫が死んだという知らせを受け、ゴアンさんは自殺を考えた。さらに息子ががんを患っていると判明したときには、魂を失ったように叫び、走った。  北部紅河デルタ地方ナムディン省に住む文学...>> 続き
新型コロナ禍、ホン川の水上生活者の暮らし (8/29)
 ハノイ市のホン川(紅河)に架かるロンビエン橋(cau Long Bien)のふもとに長い間ひっそりと存在している水上集落は、困難な状況にある人々が多く暮らす場所だ。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に...>> 続き
2度の印刷後に発行停止、幻の30VND札の歴史 (8/22)
 ベトナムの30VND札は、過去に2度印刷・発行されたが、以後消えた幻の紙幣となっている。  ベトナム国家銀行(中央銀行)によると、1976年に南北が統一され、ベトナム社会主義共和国が成立した後の1978年に発...>> 続き
おしゃれに生まれ変わったタイヤサンダル、今に残る職人の技 (8/15)
 古タイヤを再利用してサンダルを作るという職業はこの数十年間でめっきり少なくなったが、ベトナムのタイヤサンダルブランド「ブアゼップロップ(Vua Dep Lop=「タイヤサンダル王」の意)」を展開するゼップカオ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited