ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って

2021/09/12 10:17 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に包み、自宅から約10km離れた郵便局まで雨の中バイクを走らせた。9月2日の建国記念日に間に合うよう、西北部地方ソンラ省へ送るためだ。

 ハノイ市も他の省も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で社会的隔離措置が講じられ、荷物の輸送も困難になる中、今年は建国記念日を祝って飾る国旗の需要も低迷した。

 郵便局から国旗を郵送したフックさんは自宅に戻り、ひとつ仕事を済ませてから、出稼ぎに行くために村を離れる同年代の友人たちに国旗を配りに出かけた。これは、フックさんが何年も恒例にしていることだ。

 タインチー郡に住む友人の家に立ち寄ったフックさんは、友人を呼ぶことなく家の前に掲げてある国旗をそっと新しいものに換え、古い国旗をたたんで持ち帰った。

 「3世代にわたり国旗の縫製一筋という一家に生まれた私の喜びは、通りにはためく、新しく鮮やかな金星紅旗を見ることです」とフックさんは語る。

 トゥーバン村落にある3部屋の家屋から、フックさんの妻であるダオ・ティ・ズエンさんが使うミシンの音だけが響きわたる。新型コロナが発生して以来、10台余りあるミシンのほとんどが休眠状態だ。

 ズエンさんは赤い布を4つに折りたたんで中心を決めてから、器用に黄金の星の布を中央に据え、直線で縫い付けた。30年近くこの仕事をしているズエンさんは、わずか10分で1枚の国旗を完成させてしまう。

 ズエンさんによると、数年前は9月2日の建国記念日が近づくと、全国各地から注文が殺到し、一家は職人を追加で雇ってやっと生産が追いつくほどだったという。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:05 02/09/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
「数を数える動画」がバズって人生激変、牛飼いの青年の今 (7日)
 名もなき牛飼いの青年だったソー・イー・ティエットさん(1988年生まれ)は、「英語で数を数える」という1本の動画がバズったことで、たった1晩で一躍有名人となった。この思いがけない幸運に続いて、ティエット...>> 続き
山の上の子供たちに「映画館」を、辺境でのボランティアに尽力する若者 (7/31)
 120インチのスクリーンにアニメ映画のオープニングが投影されると、子供たちは歓声を上げた。その様子を見て、ホー・ホアン・リエムさん(男性・33歳)は満足げに微笑んだ。  これは、国内の山の上に設置され...>> 続き
コロナで逝った女友達との約束、「父ふたり子ひとり」の子育て (7/24)
 グエン・バックさんと同棲中に、タイン・リンさんは女友達との間に子供ができた。しかし、子供が生まれて1か月も経たないうちに、母親は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により幼い我が子を残してこの世を去...>> 続き
パームシュガーを地元アンザン省から欧州へ、クメール族女性の挑戦 (7/17)
 起業して5年、南部メコンデルタ地方アンザン省チートン郡出身で少数民族クメール族のチャウ・ゴック・ジウさん(女性・40歳)は、年間売上高12億VND(約710万円)を達成し、ヨーロッパ各国に地元産のパームシュガー...>> 続き
元夫に火をつけられた女性が見つけた新たな幸せ (7/10)
 元夫に火をつけられて全身に火傷を負った日から、2人の子供を自分で育てていくと決めていたガンさんだったが、同様に火傷を負い、困難な状況にいたミンさんからの愛情がガンさんを変えていった。 【過去の関...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved