ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2度の悲しみを乗り越えて、夫婦が手に抱いた「贈り物」

2021/10/10 10:37 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 9月15日に行われた娘の誕生1か月祝いに、レ・バン・ビンさん(50歳)と妻のグエン・ティ・リエウさん(47歳)は改めて見つめ合い、6年越しの幸せに涙を流した。

 北中部地方ハティン省ホンリン町ドゥックトゥアン街区在住のビンさんとリエウさんは、今から29年前に結婚した。夫婦と2人の息子の生活は決して裕福ではなかったものの、家の中はいつも笑い声に満ち溢れていた。

 しかし、不幸な災難が夫婦を繰り返し襲った。2015年に長男が23歳で亡くなり、さらに2年後には次男が21歳で亡くなった。2人とも交通事故死だった。

 「私たちは抱き合って泣くしかありませんでした」とビンさんは当時を回想する。ビンさんは必死で心の痛みを抑えようとし、息子を思い出して辛い時は外に出て気を紛らわせた。妻のリエウさんは病気がちになり、1日中ベッドに横たわっていた。「魂を失ったようになり、誰かに何かを聞かれても覚えておらず、何か月も後にようやく落ち着きを取り戻しました」とリエウさんは当時を思い出しながら語った。

 心の痛みがようやく少し落ち着いてきた頃、夫婦はもう1人子供をもうけることを決心した。しかし、すでに高齢だったため、自然妊娠は難しかった。夫婦は3億VND(約150万円)余りを費やして、北中部地方ゲアン省ハノイ市の病院で不妊治療を行ったが、良い知らせを受けることはなく、医師はリエウさんの卵子の問題で妊娠の可能性は低いと結論付けた。

 「天が与えて下さらないのなら、どうしようもない」とビンさんは妻を励まし、夫婦は養子縁組について考え始めた。それから2年間、夫婦はハティン省の孤児院をまわって養子縁組を求めたが、どこからも回答はなかった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 05:00 20/09/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
新型コロナ禍、しめやかに死者を送り出す人々 (17日)
 女性は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で亡くなった夫の遺体がビニール袋に包まれ、外に運び出されていく様子に背を向けた。  「棺は?」と聞かれ、「いえ、ありません。ご遺体は袋に入れて密封し、...>> 続き
新型コロナ死者の遺影を無料で作成、遺族に寄り添う (3日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で愛する人を失いながらも故人の遺影が作れないという家庭がたくさんあることを知り、グエン・アンさん(男性・33歳)は遺影の作成を無料で引き受けることにした。  新型...>> 続き
新型コロナ禍、両親と祖父母を失った14歳の少女 (9/26)
 ホーチミン市ビンチャイン郡在住のグエン・ティ・マイ・カインさん(14歳)は、父親が急死したショックから立ち直る間もなく、母親、そして母方の祖父母を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により相次いで失...>> 続き
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (9/19)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
ハノイで3世代続く国旗の縫製職人、祖国の象徴と伝統を守って (9/12)
 ハノイ市で3代にわたりベトナム国旗の縫製を家業としているトゥオンティン郡レロイ村トゥーバン村落(lang Tu Van, xa Le Loi, huyen Thuong Tin)在住のグエン・バン・フックさん(45歳)は、200枚の国旗を丁寧に...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited