ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

「ベトちゃんドクちゃん」のドクさん、日越交流と平和教育に意欲 コロナ禍とウクライナの戦火に思いも

2022/04/10 10:30 JST配信
(C) VIETJO
(C) VIETJO 写真の拡大
(C) Southern Breeze
(C) Southern Breeze 写真の拡大

(※本記事はVIETJOベトナムニュースの取材によるものです。)

 ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれたグエン・ドクさん(41歳)は、ウィズコロナ時代の日本とベトナムとの文化交流、そして平和教育の活性化に意欲を示している。新型コロナ禍では、感染者治療の現場に関わり、自らも新型コロナ感染を2回も経験した。その後遺症が残る中、ウクライナでの戦火を憂慮し、戦争被害者としての経験を語り継ぐ決意を新たにしている。



 ドクさんは、日本で「ベトちゃんドクちゃん」の愛称で呼ばれていた双子の弟になる。1981年、南中部高原地方コントゥム省で兄のベトさんと下半身がつながった状態で生まれたが、1986年にベトさんの容態が悪化。日本に緊急搬送され、大きく報じられた。

 2人はその後、1988年にベトナムで分離手術を受ける。兄のベトさんは長く寝たきりの状態が続き、残念ながら2007年に亡くなった。ドクさんは職業学校でコンピューター関連の技能を習得し、医療事務職に就いた。2006年には結婚し、2009年に男女の双子が誕生した。いまもホーチミン市に家族で暮らしている。

 取材場所でドクさんは「初めまして、きょうはよろしくお願いします」と、流ちょうな日本語で挨拶してくれた。元気そうな様子だったが、実は新型コロナウイルスに2回も感染し、外出できるようになったばかりだという。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[2022年4月4日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「数を数える動画」がバズって人生激変、牛飼いの青年の今 (7日)
 名もなき牛飼いの青年だったソー・イー・ティエットさん(1988年生まれ)は、「英語で数を数える」という1本の動画がバズったことで、たった1晩で一躍有名人となった。この思いがけない幸運に続いて、ティエット...>> 続き
山の上の子供たちに「映画館」を、辺境でのボランティアに尽力する若者 (7/31)
 120インチのスクリーンにアニメ映画のオープニングが投影されると、子供たちは歓声を上げた。その様子を見て、ホー・ホアン・リエムさん(男性・33歳)は満足げに微笑んだ。  これは、国内の山の上に設置され...>> 続き
コロナで逝った女友達との約束、「父ふたり子ひとり」の子育て (7/24)
 グエン・バックさんと同棲中に、タイン・リンさんは女友達との間に子供ができた。しかし、子供が生まれて1か月も経たないうちに、母親は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により幼い我が子を残してこの世を去...>> 続き
パームシュガーを地元アンザン省から欧州へ、クメール族女性の挑戦 (7/17)
 起業して5年、南部メコンデルタ地方アンザン省チートン郡出身で少数民族クメール族のチャウ・ゴック・ジウさん(女性・40歳)は、年間売上高12億VND(約710万円)を達成し、ヨーロッパ各国に地元産のパームシュガー...>> 続き
元夫に火をつけられた女性が見つけた新たな幸せ (7/10)
 元夫に火をつけられて全身に火傷を負った日から、2人の子供を自分で育てていくと決めていたガンさんだったが、同様に火傷を負い、困難な状況にいたミンさんからの愛情がガンさんを変えていった。 【過去の関...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved