ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

「ありのままに生きる」片脚のダンサー、事故と絶望からの再起

2024/03/31 10:26 JST配信
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大
(C) vietnamnet
(C) vietnamnet 写真の拡大

 バンさんは自分に起こった出来事を受け入れ、もっと強く、エネルギッシュにならなければと毎日自分に言い聞かせ、自分自身の旅を続けた。

 「まず、新しい生活に慣れることから始めました。考えるのは簡単ですが、実際にやるとなるととても大変でした。それに、周りの人たちの言うことにも疲れてしまいました。片脚を失ったのに都会に残ってどうするんだ、外に出ても大変なんだから家にいなさいだとか、私みたいな女性は不幸だ、田舎に帰るのが一番だとか…。そういう言葉を聞いてたくさん泣きましたし、消えてしまいたいとすら思いました」。

 長く続いた葛藤の末、ネガティブ思考だったバンさんは、徐々に希望を取り戻していった。バンさんは、そのときに頼れるのは自分自身だけだと悟ったのだ。

 「自分自身を変えるために何かしようと決めました。2本脚だったらよかったのにと心を痛めることをやめて、今のありのままに生きようと思いました。欠点を隠すのではなく、欠点を利用して人生と向き合うことにしたんです。通りに出て、木製の松葉杖をついて初めて歩いたときのことをよく覚えています。たくさんの人が私を好奇の目で見ていましたが、私はそれを受け入れて、自信を持ってしっかりと歩きました」とバンさん。

 バンさんいわく、彼女の人生は、2014年に母親と一緒に屋上に上って日の出を見たときに変わり始めたという。輝く太陽の光を見て、バンさんは希望の光が差し込んできたように感じたのだ。バンさんは突然、踊り出したくなり、その光の中に浸った。

 そこでバンさんは、片脚しかない状態でも、ダンスをすればバランスが保ちやすくなることに気付いた。バンさんは身体にあざができるまで、そして痛みを感じなくなるまで、床の上で立ったり歩いたり這ったりする練習をした。だんだんとあざを気にすることもやめ、自分がやりたい動きをできるかどうかにだけ集中するようになった。

 ダンスはそう簡単なものではない。普通の人でも難しいのだから、片脚しかないバンさんにとってはなおさら難しい。それでも、たゆまぬ練習を経て、バンさんはステージに上がってダンスを披露し、多くの人々に感動を与えた。

 そして、努力が報われた。2019年、バンさんは身体に障がいを持つ女性のミスコンテストに出場し、自身が振り付けた片脚のダンスで「ミス三日月」に輝いたのだ。おそらくこれが、バンさんの人生で事故以来2回目の転機となった。

前へ   1   2   3   次へ
[Vietnamnet 05:30 08/03/2024, A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
中銀、公定レート許容変動幅の拡大を否定 ドル売り市場介入でド.. (6:27)

 外国為替市場でベトナムドン安・米ドル高が進んでいることを受け、ベトナム国家銀行(中央銀行)のファム・チー・クアン金融政策局長は24日、中銀が今後も必要に応じてドル売りの市場介入を実施し、ドン安・ドル...

職場でのAI導入率、ベトナムは世界平均より高水準 (6:08)

 米マイクロソフト(Microsoft)が先般発表した職場における人工知能(AI)導入状況に関する調査結果によると、ベトナムの知識労働者の88%が生成AIをはじめとするAIを仕事に活用しており、これは世界平均の75%を上...

仲介利用の韓国人の国際結婚相手、8割がベトナム人 (5:46)

 韓国女性家族省はこのほど、2020~2023年における国際結婚仲介業の利用者と、2022年末時点で事業者登録されている国際結婚仲介事業者を対象にした実態調査の結果を発表した。  韓国と海外の国際結婚仲介事...

趣味でアリを飼育する会社員、月10万円以上の副収入に (26日)

 ハノイ市ドンダー区在住の会社員のブイ・ゴック・クオンさん(男性)は、ストレスの多い仕事の後の趣味として、観賞用のアリを飼育している。クオンさんは、アリの個体や飼育用品を販売することで、月に2000万~3...

EVタクシー、事業開始から1年余りで全国タクシー台数の4割に (5:32)

 ベトナム国内で電気自動車(EV)によるタクシーサービスが導入されてから、1年余りが経過した現在、全国のEVタクシー台数は3万台以上に増加し、タクシー台数全体の4割以上を占めるまでになっている。  この背...

ベトナム航空、ハノイ~成都線を6月25日に運航再開 (4:57)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は6月25日、ハノイ市ノイバイ国際空港と中国・成都天府国際空港とを結ぶ国際路線の運航を再開する。ハノイ~成都線は火・水・金・日の週4便運

1~5月期のFDI認可額、前年同期比+2%増(推定値) (4:29)

 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2024年1~5月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比+2.0%増の110億7184万USD(約1兆7400億円)だった。  新規認可案件数は同+27...

エス・エー・エス、ベトナム最大手の日本語学習塾運営企業と提携 (3:02)

 金融・流通・クレジット業務を中心としたシステム構築およびコンサルティングなどを手掛けるエス・エー・エス株式会社(東京都港区)は、ベトナム最大手の日本語学習塾運営企業であるリキベトナム教育・貿易(Riki...

ホーチミン:高級製品の国際展示会、5月30日から開催 (2:39)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、5月30日(木)から6月2日(日)まで、高級製品の国際展示会「VIPREMIUM 2024(Vietnam ...

電力・再生エネ元局長が逮捕、太陽光発電案件の違法承認に関与 (27日)

 商工省および複数の省・市における違反事件に関与したとして、同省傘下電力・再生エネルギー局のフオン・ホアン・キム元局長(男・51歳)が23日に逮捕された。同容疑者は刑法第356条に抵触し、公務執行上の職権乱...

米ビザ、ベトナムの地場決済アプリ大手3社と非現金決済で提携 (27日)

 米クレジットカード大手ビザ(Visa)はこのほど、ベトナムのモバイル決済アプリ大手であるモモ(MoMo)、VNペイ(VNPAY)、ザロペイ(ZaloPay)の3社との提携を発表した。顧客が中小企業と取引を行う際の決済体験向上を...

ハノイ:14人死亡火災、刑事事件として立件 家主の責任追及 (27日)

 ハノイ市警察は、同市カウザイ区チュンホア街区チュンキン(Trung Kinh)通りの狭い路地にある3階建ての家屋で24日午前0時45分ごろに大規模な火災が発生して14人が死亡、3人が負傷した火事について、消防規定違反...

ベトナム航空、出雲~ハノイ間のチャーター便を初就航 (27日)

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は25日、島根県の出雲縁結び空港からハノイ市のノイバイ国際空港に向けて、直行チャーター便を就航した。  出雲~ハノイ間の

「Zalo」運営VNGの系列企業、米エヌビディアとAI開発で提携 (27日)

 地場総合インターネットメディア運営会社VNGコーポレーション[VNZ](VNG Corporation)のデジタルトランスフォーメーション(DX)部門であるVNGデジタルビジネス(VNG Digital Business)

韓国系コンビニ「GS25」、ベトナム300号店舗目をオープン (27日)

 韓国のGSリテール(GS Retail)は23日、同社が運営するコンビニエンスストア「GS25」のベトナム300号店舗目がホーチミン市ビンタイン区ディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り489-491番地にオープンしたことを記...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved