ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの生活費は世界89位に上昇、東南アジア4位

2022/06/21 05:02 JST配信
(C) toquoc
(C) toquoc 写真の拡大

 世界各国の物価水準や交通費、医療水準、犯罪率、環境汚染などをデータベース化した情報サイト「ナムベオ(Numbeo)」が発表した「生活費指数(Cost of Living Index)」2022年版によると、国別ランキングでベトナムは139か国・地域中89位となった。

 同調査は、米国ニューヨークの生活費を100として相対的に比較し、各国・地域、都市の生活費指数を算出している。指数が100以上の場合はニューヨークよりも生活水準が高く、100未満の場合は生活水準が低いことを意味する。

 ベトナムは生活費指数が37.48ポイントで、2021年版の138か国・地域中95位から6つ順位を上げた。家賃を除いた1か月の生活費は4人家族が約3700万VND(約21万4000円)、1人暮らしが約1050万VND(約6万0700円)。

 都市別ランキングでは、ホーチミン市が578都市中424位、ハノイ市が447位だった。ホーチミン市の生活費指数は39.01ポイントで、家賃を除いた1か月の生活費は4人家族が約4000万VND(約23万1000円)、1人暮らしが約1100万VND(約6万3600円)。一方、ハノイ市の生活費指数は36.85ポイントで、家賃を除いた1か月の生活費は4人家族が約3600万VND(約20万8000円)、1人暮らしが約1000万VND(約5万7800円)となっている。

 国別ランキングで東南アジア諸国の順位を見ると、◇シンガポール:10位(83.98ポイント)、◇カンボジア:58位(49.11ポイント)、◇タイ:75位(43.21ポイント)は、ベトナムよりも生活費が高かった。一方、◇フィリピン:92位(37.06ポイント)、◇マレーシア:93位(37.02ポイント)、◇インドネシア:97位(35.85ポイント)、◇ミャンマー:98位(35.67ポイント)は、ベトナムよりも生活費が低かった。

 なお、世界で最も生活費が高い5か国・地域は上から、◇バミューダ諸島(146.04ポイント)、◇スイス(123.35ポイント)、◇ノルウェー(100.90ポイント)、◇アイスランド(94.86ポイント)、◇バルバドス(92.37ポイント)の順だった。

 一方、生活費が最も安い5か国・地域は下から、◇パキスタン(19.92ポイント)、◇アフガニスタン(20.37ポイント)、◇インド(24.43ポイント)、◇コロンビア(26.72ポイント)、◇アルジェリア(26.87ポイント)の順となった。

 日本は指数が77.03ポイントで15位となり、2021年版の87.77ポイント・7位から後退した。

Clip to Evernote
[To Quoc 10:35 14/06/2022, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [統計]
1~6月期の外国人訪問者数、前年同期比6.8倍に(推定値) (2:28)
 統計総局(GSO)の発表によると、6月の外国人訪問者数(推定値)は前月比+36.8%増の23万6677人で、前年同月の32.9倍となった。  これにより、1~6月期の外国人訪問者数は60万1982人となり、前年同期の6.8倍と...>> 続き
6月の鉱工業生産指数(推定値)、前年同月比+11.5%増 (2:04)
 統計総局(GSO)の発表によると、2022年6月の鉱工業生産指数(IIP)の伸び率は前月比で+1.0%増、前年同月比では+11.5%増加した。  1~6月期の鉱工業生産指数は前年同期比+8.7%増となっている。  1~6月...>> 続き
1~6月期のFDI認可額、前年同期比▲8.1%減 日本5位(推定値) (29日)
 計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、2022年1~6月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比▲8.1%減の140億3038万USD(約1兆9000億円)だった。  また、同期の実行額(推...>> 続き
5月の訪日ベトナム人3.9万人、19年比▲2.3%減まで回復 20年比91.8倍 (17日)
 日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によると、2022年5月の訪日ベトナム人の数は前年同月の約91.8倍に相当する3万9000人だった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行以前の2019年同月比では▲2.3%減まで回...>> 続き
5月の対日貿易収支、810億円の黒字 前年同月比3.05倍 (17日)
 日本の財務省が発表した2022年5月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比3.05倍の809億9600万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+19.5%増の1981億2000万円...>> 続き
これより過去の記事は、統計記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved