ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム航空、日本発ベトナム行き往復2万8000円から―5日間限定

2019/10/04 05:04 JST配信
Clip to Evernote
(C) ベトナム航空
(C) ベトナム航空 写真の拡大

 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、10月7日(月)から11日(金)までの5日間、日本発ベトナム行きの各路線で、同社ウェブサイトでの購入を対象とした特別運賃キャンペーンを実施する。

 同キャンペーンでは、日本(東京/名古屋/大阪/福岡)発ベトナム(ハノイ/ホーチミン/ダナン)行きの往復運賃を2万8000円または3万2000円で販売する(いずれも燃油サーチャージや出入国税など含まず)。2万8000円となるのは大阪~ハノイ/ホーチミン線。出発期間は2020年3月27日まで(適用除外期間あり)。キャンペーンの詳細は同社ウェブサイトを参照。

 なお、ベトナム航空は8月1日から、国内線と国際線を含むすべてのフライトの預け入れ荷物(受託手荷物)許容量に、現在の重量制に代わり個数制を適用している。ただし、7月31日までに購入した航空券については、航空券に記載されている荷物制限がそのまま適用される。

 新規定により、1人あたりの無料受託手荷物の重量制限が総重量ではなく個数で判断されることになる。機内持ち込み手荷物の数に変更はないが、1個につき預けられる重量が増えた。詳細は「ベトナム航空、手荷物重量制限を8月から引き上げ、エコノミーは12kgに」を参照。

[2019年10月1日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
フエ:観光客向けにスマート自転車を2400台設置へ (4:36)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省で、観光客向けのスマート自転車が各地に配置される見通しだ。環境に優しく、観光客が遺跡巡りなど近距離移動に手軽に利用できる交通手段を提供することが狙いで、国内で初め...>> 続き
日本トランスオーシャン航空、那覇~ホーチミン間のチャーター便を運航―初の東南アジア便 (3:55)
 日本航空(JAL)グループで沖縄県那覇市を本拠地とする日本トランスオーシャン航空(Japan Transocean Air=JTA)は、2019年12月と2020年2月に初の東南アジアへの運航となる那覇~ホーチミン間の国際チャーターを運...>> 続き
米誌、読者が選ぶ世界の旅行先でベトナムが10位、日本12位 (19日)
 米国の大手出版社コンデナスト社が発行する人気旅行情報誌「コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)」はこのほど「2019年度 読者が選ぶ世界の旅行先トップ20(Top 20 Countries in the World: Readers’ ...>> 続き
ダナン:ソンチャー半島へのスクーター乗り入れを規制 (18日)
 南中部沿岸地方ダナン市当局はソンチャー半島(ban dao Son Tra)へのスクーター乗り入れについて一部道路で規制すると発表した。スクーター以外の自動二輪車については、これまで同様に利用が可能だ。  対象...>> 続き
ロシアのS7航空、ウラジオストク~ニャチャン線を12月13日就航 (18日)
 ロシアのS7航空(S7 Airlines=シベリア航空)は12月13日、ロシアのウラジオストク国際空港と南中部沿岸地方カインホア省のカムラン国際空港(ニャチャン)を結ぶ新路線に就航する。  同路線は週1往復の運航で...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)