ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第20回】訪日ベトナム人の爆買いアイテムとは?

2016/01/27 09:45 JST配信

日本の観光庁が2015年1月19日に発表した訪日外国人消費動向調査結果速報によると、2015年のベトナム人の訪日人数は18.4万人で、前年比でおよそ50%増加しました。また、 訪日ベトナム人の旅行支出額は1人当たり19万4844円、そのうち 買い物代が7万5164円 で、中国に次ぐ第2位となっています。

日本の空港でベトナム行きのチェックインをしていると、ベトナム人が大量の荷物を預けているのを目にします。これらの荷物には、当然自身のための買い物もありますが、知人・友人から買ってくるよう頼まれた商品が数多く含まれています。ベトナム人は日本でどんな商品を買っているのか、ハノイ市ホーチミン市に在住する18歳~49歳までのベトナム人男女500名を対象に、実態を調査してみました。

商品を買ってきて欲しい国、日本がトップ

調査対象のうち約半数が、「海外訪問の知人・友人に商品の購入を依頼したことがある」と回答しています。ベトナムでは関税・流通の関係で、海外商品の価格が高く、また品揃えも豊富ではありません。また、ベトナム人の多くは、ベトナムで購入するブランド品は偽物の可能性があるという猜疑心から、海外での購入を好む傾向にあります。

特にその中で、日本での購入は人気が高いです。「友人・知人が海外旅行に行く際に、商品の購入を依頼したい国」について調査したところ、 日本商品の人気は米国、韓国などを上回りました。 特にハノイ在住者については、日本商品の人気がダントツです。ハノイの人はホーチミン市の人に比べてブランド嗜好が高い傾向があるのですが、この結果もその一例だと言えます。

男性はIT機器、女性は化粧品

それでは、海外旅行で人気の購入品はどのようなものでしょうか? 友人・知人に購入を依頼した商品は、 女性では化粧品が、男性では携帯電話・IT機器など が人気でした。その他の人気商品としては、家電製品やファッション関連商品などになります。

日本で人気の商品傾向は他の国とほぼ同じですが、特に次のような商品に人気が集まっています。

【携帯・IT機器・電化製品】

断トツで人気が高かったのは AppleのiPhone です。ベトナムの正規販売品の価格は日本の小売価格に比べて5割ほど高く、新製品流通のタイミングも遅めです。金額が高額で、かさばらないことから、スマホは人気の商品です。iPhone以外では、ソニーのXperiaも人気が高いです。Appleの製品では、Macbookなどのコンピューターの購入も多くなっています。家電製品では、キャノンやソニーのカメラなども人気です。

【化粧品】

質の高い化粧品の代名詞として、 日本の資生堂が圧倒的な人気 を集めています。そのほかのブランドでは、コーセイの雪肌精や、富士フィルムのアスタリフトなどの認知度が高めです。口紅、美容液、香水などの定番商品に加え、日本の日焼け止めは人気があります。

【ファッション製品】

ファッション関連で圧倒的に人気が高かったのは ユニクロの製品 です。ユニクロはベトナムにまだ進出していませんが、口コミやスポーツ分野のスポンサーシップにより、知名度が急激に高まっています。その中でもウルトラライトダウンジャケットは持ち運びしやすい人気商品です。

<お知らせ>

「2016年はこうなる!ベトナムビジネスセミナー」

(株式会社JACリクルートメントベトナム・株式会社Asia Plus共催)

ホーチミン市で2016年2月18日(木)、ハノイ市で2016年2月25日(木)に開催します。

詳細、お申し込みはこちらから → 「2016年はこうなる!ベトナムビジネスセミナー」

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net )代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス
「Q&Me( www.qandme.net )」を展開中


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
竹筒容器でドリンク提供、SNS映えすると若者の間で人気に (5:05)

 最近、ドリンクを竹筒の容器に入れて提供する店舗が増えており、環境に優しいエコライフを好む若者の間で人気を博している。  竹筒でドリンクを提供する店は、ハノイ市やバリア・ブンタウ省(東南部地方)、...

FPT加盟のAIアライアンス、世界初の半導体産業特化型AIを発表 (4:17)

 オープンで責任ある人工知能(AI)開発を積極的に推進する業界横断的イニシアチブ「AIアライアンス(AI Alliance)」が共同開発した、世界初の半導体産業特化型オープンソース人工知能(AI)大規模言語モデル(LLM)「S...

6月の対日貿易収支、942億円の黒字 前年同月比▲1.5%減 (3:21)

 日本の財務省が発表した2024年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲1.5%減の941億8500万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+14.4%増の2220億2300万...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

ホーチミン:「ベトナムスポーツショー2024」、9月26日から (2:24)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、9月26日(木)から28日(土)まで、「ベトナムスポーツショー(Vietnam Sport Show 202...

チョン書記長、治療に専念 党序列2位のラム国家主席が代行 (18日)

 ベトナム共産党中央官房は18日、グエン・フー・チョン書記長(80歳)の健康状態に関する政治局の発表を公表した。  発表によると、チョン書記長はこれまで公務と並行して治療を受けてきたが、今後は治療に専...

バンコクの越系6人死亡事件、日本への投資関連で金銭トラブル (18日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人の遺体が発見された事件で、ファム・ミン・チン首相は17日、外務省、公安省、駐タイ・ベトナム大使館宛て...

米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (18日)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (18日)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (18日)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (18日)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (18日)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (18日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (18日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (18日)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved