ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

第16回 ホーチミン市民を守る【サイレントヒーローたち】

2020/12/14 10:05 JST配信

みなさん、こんにちは!ホーチミン在住のベトナム人 ICONIC のHanです。コラム 「【日本人が知らない】ディープなベトナム案内」 では、ベトナムでの旅行やグルメ・文化・ショッピング・その他おもしろ情報を発信していきます。

みなさんは出張や旅行で東南アジアを訪れる際、 現地の治安 について調べていますか。治安の良し悪しをどう捉えるかは人それぞれですが、ご自身が訪れる国でどんなトラブルが起きているのか、そしてどう対処しているのかをチェックする必要があるでしょう。

近年ホーチミンでは、外国人をターゲットにしたひったくり事件が発生しています。そうした事態を踏まえ、ホーチミン市警察は一般市民から成る 「ひったくり取り締まり隊(Doi san bat cuop Sai Gon)」 を発足し、対処に当たっています。そこで今回は、私たちの街を守ってくれる「ひったくり取り締まり隊(以下SBC)」について、大きな功績を持つ2つのチームに焦点を当てながら紹介します。また、「サイゴンSOSチーム(Biet doi SOS Sai Gon)」というグループの活動についても取り上げます。

自ら泥棒を捕まえた、志高い若者がリーダー!

まずは、SBCのチームの1つである、グエン・バン・シン(Nguyen Van Sin)さんをリーダーとしたグループについてです。シンさんは20代で若く、少しふくよかで優しい顔立ちの男性です。外見は穏やかですが、芯が強く、ひったくりの取り締まりに熱心なのだそう。彼は以前、仕事帰りに目の前でひったくりが発生し、自ら追いかけて捕まえたという功績の持ち主です。それをきっかけにもっと多くの人を助けたいと考え、 同じ意思を持つメンバーを集めてチームを結成 しました。

引用: VNEXPRESS

メンバーは全員が運転手やセールス、販売業といった自身の仕事があるため、平日はあまり活動できません。休日に集まってミーティングや市内のパトロールをしています。また、 ホットラインやフェイスブック経由で相談を受けて、被害者のもとへ駆けつける こともあります。そうして、彼らは年に数百件のトラブルを解決しました。

しかし、彼らの活動は危険と隣り合わせでもあります。傷害事件に巻き込まれたり、逆恨みをされて追い回されたりすることもあるからです。シンさんは過去にバイクを壊されたり、注射針を刺される被害に遭いました。メンバーのブーさんは、ナイフで刺されて入院する事態に至っています。彼らの身に何か起きた際は、医療部のサポートを無償で受けられることになっています。

強盗・ひったくりを阻止!

次はラム・ヒエウ・ロン(Lam Hieu Long)さんのチームです。ロンさんはタンフー区に住む男性です。彼のチームは23~26歳のメンバー6人で構成されており、SBCの2つのフェイスブックページ Trình Báo M?t C?p Tài S?n – Đ?i Săn B?t C??p TPHCM および Đ?i Săn B?t C??p TPHCM を管理しています。詳しい活動の様子はこのページから見ることができます。SBCは強盗やひったくり等の事件を200件以上解決している頼もしいチームです。

引用: Canhsat TOANCAU

ロンさんもシンさんのチームと同じく、危険なトラブルに見舞われることがあります。何事もなく解決してほしいと願うばかりです。

夜間の様々なトラブルを解決!サイゴンSOSチーム

そしてもう1つ、みなさんに知っていただきたいのが「サイゴンSOSチーム」です。トゥアン・サン(Tuan Sang)さん、バン・サック(Van Sac)さんが2017年3月に結成し、20人のメンバーで構成されるグループです。彼らは午後10時~午前2時にかけて活動しています。このチームは、主に 夜間走行者のためのバイクの修理、交通事故に遭った被害者の搬送、泥酔した人の介抱など、夜間に発生するトラブルへの対処 にあたっています。

引用: THANH NIEN

必要な工具やガソリン、応急処置の道具等はすべてメンバー自身が用意しており、修理や救護スキルも自ら学んで身に着けたそうです。結成当初、彼らの存在はまだ信用されておらず、泥棒と間違われることもあったのだとか。それでも諦めずに続けた結果、多くの市民に認められる存在となりました。

メンバーの安全確保が課題

我々にとって誇らしい存在であるSBC、SOSチームですが、 安全性や費用面における課題 があります。SBCに関しては、危険を伴う活動を不安視する声もあります。彼らはひったくり犯の取り押さえに必要な訓練を受けていますが、武器を持っているわけではありません。犯人がナイフを持っていた場合、警察の応援が必要になります。最近では、彼らに電気鞭などのサポート器具を給付してはどうか…という声もあり、どのように危険を回避していくかが課題となっています。

引用: Zing news

また、SOSチームが自ら活動に必要なものを用意しているように、金銭的なサポートも十分とは言えません。事件や事故に巻き込まれてバイクが壊れてしまっても修理代は自己負担なのです。「援助がなくても大丈夫」と言うメンバーもいますが、何らかのサポートが必要なのではないでしょうか。彼らの存在に憧れて、グループに参加する若者はたくさんいます。これまで以上にスキルを磨ける環境を整えれば、彼らはホーチミンの安全を守る大きな組織となることでしょう。

著者紹介
ICONICベトナム
ベトナムで転職実績No.1を誇るICONICです。ベトナムでの転職支援・求人紹介を行っています。ベトナムの生活情報をお届けするブログも運営しており、ベトナム旅行、ベトナム料理、文化、ショッピング、その他おもしろ情報を発信中!生活に役立つ情報を現地からお届けします。

>> ベトナムでの転職・求人ならiconicJob

>> 海外転職・アジア生活ブログ
【日本人が知らない】ディープなベトナム案内
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
竹筒容器でドリンク提供、SNS映えすると若者の間で人気に (5:05)

 最近、ドリンクを竹筒の容器に入れて提供する店舗が増えており、環境に優しいエコライフを好む若者の間で人気を博している。  竹筒でドリンクを提供する店は、ハノイ市やバリア・ブンタウ省(東南部地方)、...

FPT加盟のAIアライアンス、世界初の半導体産業特化型AIを発表 (4:17)

 オープンで責任ある人工知能(AI)開発を積極的に推進する業界横断的イニシアチブ「AIアライアンス(AI Alliance)」が共同開発した、世界初の半導体産業特化型オープンソース人工知能(AI)大規模言語モデル(LLM)「S...

6月の対日貿易収支、942億円の黒字 前年同月比▲1.5%減 (3:21)

 日本の財務省が発表した2024年6月の貿易統計(速報)によると、ベトナムの対日貿易収支は前年同月比▲1.5%減の941億8500万円の黒字だった。  日本からベトナムへの輸入額は前年同月比+14.4%増の2220億2300万...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

ホーチミン:「ベトナムスポーツショー2024」、9月26日から (2:24)

 ホーチミン市7区のサイゴンエキシビション&コンベンションセンター(SECC:799 Nguyen Van Linh, quan 7, TP. Ho Chi Minh)で、9月26日(木)から28日(土)まで、「ベトナムスポーツショー(Vietnam Sport Show 202...

チョン書記長、治療に専念 党序列2位のラム国家主席が代行 (18日)

 ベトナム共産党中央官房は18日、グエン・フー・チョン書記長(80歳)の健康状態に関する政治局の発表を公表した。  発表によると、チョン書記長はこれまで公務と並行して治療を受けてきたが、今後は治療に専...

バンコクの越系6人死亡事件、日本への投資関連で金銭トラブル (18日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人の遺体が発見された事件で、ファム・ミン・チン首相は17日、外務省、公安省、駐タイ・ベトナム大使館宛て...

米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (18日)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (18日)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (18日)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (18日)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (18日)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (18日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (18日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (18日)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved