ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【番外編~イベント小娘の独り言?】コロナ禍のオンライン生活

2022/01/10 17:00 JST配信

お久しぶりです! AAB ホーチミンのユズです。

さて、言わずもがなですが、コロナで大変な状況が続いておりまして、皆様も多かれ少なかれ影響を受けておられるかと思います。

我々も例に漏れず、かなり強い向かい風の中を歩いた1年でした。

私達はこれまで、リアルイベントをメインで行ってきたチームですが、最近、オンライン商談会などリアルな場とオンラインを絡ませるハイブリッドイベント、もしくはウェビナーなどの100%オンラインイベントのご相談がぐっと増えました。

皆さんも日常生活の中で、ZOOM等の便利な無料オンラインツールを活用されているかと思います。

例えばオンライン飲み会は、コロナ禍の新しいスタイルとして浸透しましたよね。

ただその性質上、「クロストークが難しい」だったり、「料理や景色を共有して楽しめないのが寂しい」など、少なからず不自由さを感じる方も多いのではないでしょうか。

私達もウェビナーなどをお手伝いさせて頂く中で、オンラインならではの不自由さをなるべく軽減させられないかと日々試行錯誤しています。

便利なツールを活用すれば、形として実施することは簡単ですが、ホストがゲストに対して気を遣うべきポイントや、準備すべきコンテンツとその見せ方などは、リアルと同じというわけにはいきません。

リアルではなんとなくうまくいく進行や、その場の空気を共にしているからこそ、ある程度皆様に楽しんで頂ける。ということが意外と難しく、その点クライアントとの十分な議論やシミュレーションを重ね、参加者の立場に立って工夫することが肝なのです。

オンライン飲み会の例に戻ると、事前に参加者から話したいテーマを集めておいたり、メイン会のあと分科会のように少ない人数で話せる場を設けたりすることで、クロストークが難しくても参加者同士が楽しく交流出来るようになると思います。

また、リアルのように同じテーブルでおいしいものを共有するのは難しいですが、事前に同じメニューを食べるよう段取りしておけば、同じ食についての感想を言い合うことも出来ますし、逆に「何でもいいからみんな一品特製料理を準備しよう」という形にすると、そこからいろんな話が膨らむかもしれませんね。オンラインの不自由さを逆に工夫することで、参加者同士の意外な面を発見したり、新しいコミュニケーションが生まれたりすることもあると思います。

また、リアルイベントとライブ中継やオンライン配信をミックスするハイブリッド形も増えてきています。

これにも、その目的をはっきりさせ、それに沿った運用や演出をしないと「何となく・自己満足」感が出てしまうリスクがあります。

逆にそのポイントを押さえて演出ができれば、リアルと何ら変わらない距離感でのコミュニケーションができるようになってきているのではないでしょうか。コロナが終息してからも、距離や時間を越えられるという点で大いに活用できると思います。

もちろんリアルイベントでしか体感できない醍醐味は、人それぞれあると信じています。私にとっては会場の熱っぽさや緊張、現場を歩き回る程よい疲れ、とにかくそこで感じる快感、それをオンラインで代用することは難しいでしょう。しかし、オンラインの技術によって、私達の業界は完全にできることがなくなってしまうということはありませんでしたし、色々な形で挑戦をさせて頂ける余地があるということ、それは非常に素晴らしいことだと感じました。このコロナ禍で失ったものが多いような気がしていますが、その代わりに得られたものがあり、それは決してアフターコロナになったら消えてしまうというものでもないと思います。

皆さんはいかがでしょうか??

<文責:AAB ユズ>

著者紹介
平櫛開三 HIRAGUSHI KAIZO
1987年に株式会社AABを日本(大阪)に設立、その後、2006年にAAB VIETNAMを設立。

AAB VIETNAMはイベント関連事業全般を業務範囲とする。日本の公官庁や自治体、ベトナム進出の日系企業等の顧客を持ち、各種式典(竣工式などのオープニングセレモニー、周年記念など)やPRイベント(新商品発表会や日本の物産展、商談会や観光誘致プロモーションなど)、会議、展示会、各種パーティーからエンターテインメント(ベトナム人歌手のライブショー、ファッションショーなど)までを幅広く手掛け、ベトナムにおけるイベント専門会社の中でもトップクラスの規模を誇る存在に成長させた。

2018年より日本及び海外拠点(ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア、フランス)の統括管理責任者として、グループのCEOに就任。ベトナムの日本人向け媒体に「イベントオヤジの独り言」を連載した。


◆連絡先

AAB VIETNAM

平櫛直通TEL:090-262-0066

hiragushi@aab.co.jp
イベントオヤジの独り言
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
米半導体メーカー2社が支援、IC設計研修プログラム開講 (16:44)

 計画投資省傘下のベトナム国家イノベーションセンター(NIC)と、米国の半導体メーカーであるコルボ(Qorvo)とケイデンス(Cadence)の2社は16日、IC設計研修プログラムの開講式を開催した。合わせてNICとコルボとの...

ホーチミン:市内病院の評価23年版、1位はフンブオン産婦人科病院 (14:14)

 ホーチミン市保健局は15日、市内病院120か所を評価した2023年版の結果を公表した。  この評価結果は、公立病院51か所、私立病院63か所、医療センター4か所、組織傘下の病院2か所を対象に、施設やサービスの...

アジア開銀、ベトナムの24年と25年のGDP成長率予想を据え置き (13:42)

 アジア開発銀行(ADB)は17日に発表した「アジア経済見通し(Asian Development Outlook=ADO)」に関するレポートの中で、ベトナムの2024年における国内総生産(GDP)成長率予想を+6.0%、また2025年の予想を+6.2%...

夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (14日)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

ハノイに韓国風フォー店とデザート店が開業、フォーは朝鮮人参入り (13:19)

 ハノイ市ナムトゥーリエム区の京南ハノイランドマークタワー(Keangnam Hanoi Landmark Tower=ランドマーク72=Landmark 72)2階にこのほど、韓国式フォーレストランが開業した。  「フォー100(Pho100)」は...

ベトナム企業の9割が24年業況を楽観視、UOB銀の調査 (6:54)

 シンガポール系ユナイテッド・オーバーシーズ銀行ベトナム(UOB Vietnam)が発表した景況感に関する調査「UOBビジネスアウトルック(UOB Business Outlook)」2024年版によると、ベトナム企業の約9割が2024年の業況...

国内航空会社6社、1~6月期の運航便数13万便 定時運航率75.7% (6:17)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)によると、2024年1~6月期における国内航空会社6社の運航便数は12万9527便だった。  同期に運航便数が最も多かったのはベト

ビンファスト、フィリピンで初の代理店3店舗オープン (5:55)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は、フィリピンで初となる正規代理店3店舗が16日にオープ

ホーチミン:深夜便と宿泊施設の利用促すキャンペーン始動 (5:43)

 ホーチミン市観光局は15日、同市観光協会やベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)と連携して、同市を訪れる観光客に深夜便や宿泊施設の利用を促すキャンペーン情報を発表した。

ベトナムのホワイトカラー人材紹介市場、4~6月の動向 (4:30)

 世界11か国で人材紹介事業を展開する株式会社ジェイエイシーリクルートメント(東京都千代田区)は、2024年4~6月におけるベトナムのホワイトカラー人材紹介市場の動向を発表した。  ベトナムの求人数は前年...

神戸製鋼所、ハナム省に銅板条スリット加工・販売拠点を開所 (4:07)

 株式会社神戸製鋼所(兵庫県神戸市)は13日、北部紅河デルタ地方ハナム省の第3ドンバン工業団地に設立した電子材料用銅板材のスリット(条切り)加工・販売および技術サービスを行う「コベルコ・カッパー・アロイ・...

ハイブリッドテクノロジーズ、ドコドアを子会社化 (3:22)

 日本とベトナムのリソースを活用したハイブリッドなシステム開発を行う株式会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区)は、総合デジタルマーケティング事業などを手掛けるドコドア株式会社(新潟県新潟市)の...

GKI、ダナンに開発センターを開設 (2:35)

 法人向け研修サービスやシステム構築・配信支援サービスなどを手掛ける株式会社GKI(北海道札幌市)は、南中部沿岸地方ダナン市に開発センター(ラボ)を開設した。  同社はテックゼン社(Techzen)とオフショア...

バンコクのベトナム系6人死亡事件、1人が5人を毒殺し自殺 (17日)

 タイの首都バンコク中心部の5つ星ホテルの客室で16日午後5時半ごろ、宿泊客のベトナム人4人とベトナム系米国人2人の計6人が死亡しているのが発見された事件で、タイ警察は17日、6人のうちの1人が飲み物にシアン...

財政省、減税政策を終了へ 25年以降は財政引き締め (17日)

 ホー・ドゥック・フォク財政相は15日に開催された1~6月期の国家財政総括会議で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を緩和するための支援策として実施してきた減税政策を終了すべき時が来たとの見解を...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved