ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

【第21回】~子どもおもしろ白書~劇ごっこから見える舞台作り

2023/10/12 17:45 JST配信

まずは、かっこう組の映画館の話から

 年中のかっこう組のある日のこと、「えいがかんにいった」という話から、映画館で映画を観る時に何を食べるかという話に広がりました。保育者も「映画館に一緒に行きたいねえ」「映画館で食べるものにはポップコーンがある」「よし、わかった!」「今度ポップコーンを食べながら、映画を見よう」とその場で話は纏まりました。その後「えいがかんはいつやるの?」とか「ポップコーンはあるの?」と本当の映画館をこちらが考えねばならなくなりました。

 どのタイミングで映画館をやれるか保育者は考えます。私たちの幼稚園は毎月の誕生会で、保育者たちが考えたお楽しみ会を子どもたちに披露します。時に大縄跳びだったり、合奏だったり、素話だったり、子どもたちがみて、遊びに取り入れていくだろうということを予想してのお楽しみ会の内容となります。これを利用して映画館を実行しようと計画に入れました。

以前のエピソード

 今回の子どもたちの映画館ごっこを考えながら、日本の幼稚園での子ども達のエピソードを思い出しました。

??チアガールショー

 年長児のチアダンスが好きな女子が、日頃から踊り通したチアダンスを、満を持して、みんなの前で発表する時間を持ちました。場所をホールに変えて見せるためのリハーサルが始まります。するとチアダンスに入らない、A男とB子が何を思ったかビデオカメラを抱え撮影クルーになって撮影体制に入りました。カメラを持って動く様が本当のカメラマンの様です。本番でも撮影隊をやってもらうことにしました。当日、チアガールのダンスに合わせ、動くA男とB子のクルー。最後のフィナーレでB子はポケットに入れてあった紙吹雪をダンサーに向けて振り撒く演出をしたのでした。観客たちは、チアの踊り以上に、紙吹雪の演出に感激でした。

??劇ごっこ 年長児「パックンおおかみとくいしんぼん」

 3学期になり、4~5人のグループで自分たちの気に入った絵本を選び、劇ごっこをするという課題を出しました。舞台の場所から相談して決めていきます。M男のいるグループは裏庭のブランコを利用して舞台にしました。役を決めることになり、M男はどの役も拒否します。保育者はなんとか役に就かせようと、役柄の説明をしますが本人はガンとしてやらないと主張していました。仕方なく、M男は抜きで劇をスタートすることにしました。ところがです。ストーリーの途中で、トンネルが出る場面になった時、トンネルに利用する飛び箱を、M男がセッティングしようとしたのです。保育者はびっくりしたのと同時に、役にさせようと必死に説得しようとしていた保育者独自の思いが恥ずかしくなりました。舞台の構成は役者だけで出来上がっていません。大道具もいれば照明も、音楽担当もいります。子ども達の劇ごっこを役者のみの視点で捉えていた保育者特有の価値観に気付かされました。

再びかっこう組の映画館ごっこの話へ

 自分たちが見た影絵の再現が始まりますが、最初から演ずる側に入らず、観客に徹する人がいました。自分たちで作ったポップコーンを食べながらの鑑賞タイムとなっています。K男は、「あついから、せんぷうきをまわす」「カーテンをしめる」「でんきのスイッチ」と設備係に没頭します。防犯の係も兼ねていて、不審者侵入の探索器も壁に貼っていました。

 翌日になると担任の思いも重なり、映画館の横にはピザ屋が登場し、観客の一部だった人が売り屋さんになりました。

さらに担任の思いは重なり、「本物のポップコーンを食べながらみよう」となり、翌日はキッチンの協力も得てポップコーンづくりをやった後、実際に食べながら、映画(影絵)を見ました。

 以前のエピソードからも気づかされていたのですが、劇ごっこの構成は、配役だけではないということを子どもたちの遊びから私たち保育者が学びました。子ども達の見ている視野は遥かに広かったということです。我々大人が思っている以上に、子どもたちは「社会」の中に生きていました。幼稚園の中だけに通用する世界ではなく、子どもたちが生きている日常の社会が、子どもたちの再現力で学びにつながっていると改めて気づかされました。

著者紹介
多々内三恵子
おおぞら日本人幼稚園理事長・園長。

タオディエン日本人幼稚園園長。

静岡大学教育学部附属幼稚園・青山学院幼稚園教諭を経てホーチミンで日系幼稚園を開園。

日本の保育を真摯に、かつユニークに展開中。

子どもの世界の面白さを語ったら止まらない。

>> おおぞら日本人幼稚園ウェブサイト

>> タオディエン日本人幼稚園フェイスブックページ
子育て奮闘中のパパママにエール!
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
チョン書記長の国葬で最高レベルの航空保安対策を適用 (6:51)

 7月19日に死去したグエン・フー・チョン書記長の国葬に伴い万全な体制を確保すべく、交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)は、空港や航空サービス施設、航空会社などに対し、最高レベルに当たる「レベル1...

ベトジェットエア、エアバスからA330neo型機20機を購入 (6:27)

 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、英国の首都ロンドンで22日に開幕した航空展示会「ファーンボロー国際航空ショー2024」で、仏エアバス(Airbus)との

「ATM」でごみを預けて現金化、セメント会社のユニークな取り組み (5:28)

 クアンニンセメント建設[QNC](Quang Ninh Construction And Cement)は2022年4月、「Vracbank−ごみを預けてお金をもらおう」をキャッチコピーに、ベトナムで初めて「ごみを受け付け

87歳で大学院生に、生涯学び続ける元教師 (21日)

 「幸運にも試験に合格した、高齢の学生である私へのカントー大学の配慮に、心から感謝の意を表したいと思います」。南部メコンデルタ地方カントー市にあるカントー大学の修士課程の入学式で、新入生のグエン・...

元資源環境次官を逮捕、鉱物違法採掘事件で 中国への密輸も (5:16)

 西北部地方イエンバイ省で発生した鉱物違法採掘事件で、資源環境省の元幹部とイエンバイ省資源環境局の幹部・元幹部ら計7人が起訴、または在宅起訴された。  最高人民検察院が逮捕状などの関連書類を承認し...

プロサッカー選手・スタッフ3人の交通死亡事故、追突トラックの.. (4:02)

 南中部高原地方ザライ省人民裁判所は22日、道路交通法に違反して3人を死亡させたとして、同省在住のトラック運転手であるディン・ティエン・ビン被告(男・37歳)に禁固10年の判決を言い渡した。  ビン被告が...

アジアのベストバー、トップ100にベトナムから3軒ランクイン (3:20)

 英メディア「ウィリアムリード(William Reed)」はこのほど、2024年度版「アジアのベストバー50(Asia’s 50 Best Bars)」を発表した。ベトナムからベスト50に入ったバーはなかったが、ベスト100には3軒がランクイ...

ニップン、ベトナム子会社をドンナイ省に設立へ (2:23)

 製粉事業や食品事業を手掛ける株式会社ニップン(東京都千代田区)は、ASEAN地域における同社グループの業務用商品などの販売拡大を図るため、ベトナム子会社を設立する。同社グループにとって、ベトナムは5か国...

チョン書記長の国葬に菅総理特使が参列へ (23日)

 ベトナム政府は20日、グエン・フー・チョン書記長の国葬を25日と26日に行うと発表した。  日本からは、総理特使として菅義偉前内閣総理大臣(日本ベトナム友好議員連盟最高顧問)が、25日に参列する。  ...

経営支配者逮捕のSCB、2年足らずで100店舗近くが閉鎖 (23日)

 華人系不動産大手VTPグループ(Van Thinh Phat Group)と密接なコネクションがあるサイゴン商業銀行(SCB)は15日と18日の両日に、出張所9か所の閉鎖を発表した。  VTP会長のチュオン・ミー・ラン被告(女・68歳...

1~6月期の国内旅客輸送量、ベトジェットがシェア44%で最多 (23日)

 交通運輸省傘下のベトナム民間航空局(CAAV)のデータによると、2024年1~6月期の旅客輸送量は前年同期比+3.7%増の3700万人余りで、うち国内旅客が同▲18%減の1700万人余り、外国人旅客が同+38.6%増の約2000万...

ホーチミン:中心部トンドゥックタン通りの地下トンネル化を計画 (23日)

 ホーチミン市交通運輸局はこのほど、同市人民委員会に2030年までのトンドゥックタン(Ton Duc Thang)通りトンネル建設プロジェクトを優先投資計画に組み込むよう提案した。  トンドゥックタン通りトンネル(...

FPT情報通信、クアラルンプールに2か所目の事務所開設 (23日)

 ベトナムIT最大手FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)はこのほど、マレーシアのクアラルンプールに新事務所を開設した。同市2か所目の事務所となる。  同オフィスは

ベトナム空港、バックアップシステムでWindows障害の影響回避 (23日)

 世界各地で「ウィンドウズ(Windows)」搭載パソコンでのシステム障害が発生したが、ベトナムの各空港では、バックアップコンピューターシステムへの早期切り替えにより、この障害による影響を回避することができ...

24年の建国記念日は4連休、首相が労働省提案に同意 (23日)

 ファム・ミン・チン首相はこのほど、2024年の建国記念日(9月2日)に伴う休暇について、2024年8月31日(土)~9月3日(火)の4連休とする労働傷病兵社会省の案に同意した。  チン首相は、関連機関や企業などに建...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved