ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

セブンイレブン、来年初めにホーチミンで1号店オープン

2013/12/16 15:19 JST配信
Clip to Evernote
(C) Thi Truong Tai Chinh
(C) Thi Truong Tai Chinh 写真の拡大

 タイ大手財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)グループ傘下企業でタイ国内にてコンビニエンスストア「セブン-イレブン」を運営するCPオール社は、ベトナム進出について未だ正式に発表していないが、関係筋によると、2か月以内にホーチミン市1区に1号店をオープンする計画だという。

 それによると、同社は進出当初は直営店を運営し、2~3年後にベトナム企業とフランチャイズ(FC)契約を締結する。店舗商品の4割はベトナム製品で、残りはタイや他国からの輸入製品になるという。

 ブランド戦略のコンサルティングを手掛ける地場レフト・ブレイン・コネクター(Left Brain Connector)によると、コンビニ1店舗の開業資金は約15億ドン(約730万円)で、この出店費用を賄うには最低でも30店舗程度の規模に必要なるという。現在この規模にまで店舗網を拡大しているのは、◇Co.op Food、◇Hapro(ハプロ)、◇Shop & Go、◇サークルKのみとなっている。

 セブン-イレブンは、米国発祥のコンビニエンスストアで、日本ではコンビニ最大手となっており、世界で最多の出店数を誇る。セブン-イレブンの売上の6~7割はファストフードによるものだが、専門家によると、CPグループの現地法人CPベトナムは、セブン-イレブンをベースとしてベトナムで1万か所の小売店設置を目指しているという。

[Thanh Mai, Vietnamnet Bridge, 11:39:00 (GMT + 7), 2013/12/11U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
南北高速道路建設案件、PPP方式3件目の契約締結 (13:19)
 交通運輸省は30日、カムラム~ビンハオ(Cam Lam~Vinh Hao)区間高速道路建設案件の事業者を務める地場デオカー(カー峠)グループ(Deo Ca Group)と、デオカー建設(Deo Ca Construction)、第194建設投資(194 Const...>> 続き
ビングループ、新型コロナワクチンを生産へ ハノイに工場建設 (5:58)
 ハノイ市人民委員会はこのほど、社会的隔離措置の実施中に展開が許可された重点案件リストを承認した。これには、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンスマート(VinSmart)が...>> 続き
超高級マンション市場の成長率、ベトナムは世界トップ10 (5:10)
 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ(Savills)が発表した超高級マンション市場に関するレポートによると、ベトナムの成長率は世界トップ10の1つで、魅力的な投資先となっている。  2017年~2021年1~3...>> 続き
ベトナム物流人材育成協会が設立 物流業界の発展後押し (3:43)
 ベトナム物流人材育成協会(VALOMA)が正式に発足した。同協会は先般オンライン開催された第1回会議(2021~2024年任期)で、定款と行動計画を承認し、執行委員会と監査委員会を選任した。  同協会の設立は、首...>> 続き
21~25年のGDP平均成長率+6.5~7%、国会決議 (7/29)
 第15期(2021~2026年)第1回国会は27日午後、2021~2025年の経済社会発展計画の決議案を99.58%の賛成多数で採択した。  経済目標としては、◇5年間の国内総生産(GDP)平均成長率:+6.5~7.0%、◇2025年の1人...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited