ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

雑貨店にも生き残る余地あり、コンビニやスーパーと共存

2015/05/27 18:38 JST配信
Clip to Evernote
(C)Saigon times,Minh Khue
(C)Saigon times,Minh Khue 写真の拡大

 コンビニエンスストアやスーパーの店舗が急速に増加し利用者も増える中、パパママストアと言われる伝統的な小規模雑貨店にも共存する余地はありそうだ。

 米市場調査会社ニールセン(Nielsen)が2014年にベトナムで実施した調査によると、コンビニの店舗数は前年比+34.4%増の348店、ミニスーパーは同+34.2%増の1452店と大幅な伸びをみせた。ハイパーマーケット(大型総合スーパー)も増えてはいるが、これほど急激には増えていない。

 英市場調査会社カンター・ワールドパネル(Kantar Worldpanel)が今年第1四半期に国内4大都市(ハノイ市ホーチミン市、南中部沿岸地方ダナン市、メコンデルタ地方カントー市)で実施した日用消費財(FMCG)市場に関する調査によると、コンビニとスーパー(ミニとハイパー含む)の売上シェアが19%を占めた。前年同期に比べ売上高は+15%増加している。

 こうした中、各雑貨店は自宅への配達サービスやどの商品が適しているかの相談に乗るといったきめ細かなサービスを提供して、一定の顧客をつなぎとめている。カンター・ワールドパネルの調査でも、雑貨店のシェアは60%を占める。マーケティング専門家は、特徴を生かせば雑貨店も生き残れると話している。

[Saigon times,24/5/2015, 07:33 (GMT+7),O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
韓越が租税条約改正へ、著作権への税率引き下げ含む5項目 (6日)
 韓国とベトナムは11月27日、「韓越二重課税防止協定改正議定書」に署名した。  韓越二重課税防止協定は1994年に発効したが、昨今韓国企業の対ベトナム投資が大幅に増えるなど経済関係が変化していることか...>> 続き
ベトナム商工省、通販大手アマゾンと協力覚書―地場企業の輸出支援 (6日)
 ベトナム商工省は4日、米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が展開するアマゾングローバルセリング(Amazon Global Selling)との間で協力覚書を締結した。  それによると、両者はECサ...>> 続き
ホーチミン:富士通のエアコンショールームが開業、国内初 (6日)
 ホーチミン市タンビン区コンホア通り364番地(364 Cong Hoa, quan Tan Binh, TP. Ho Chi Minh)のEタウンビルでこのほど、富士通のエアコンのショールーム「富士通エアコンディショニング・ソリューションセンタ...>> 続き
セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2 (5日)
 ベトナムにはセラミックタイルのメーカーが80社余りあり、年産能力は約7億m2に達している。生産量は世界4位、消費量でも世界4位以内で東南アジア諸国連合(ASEAN)では1位に立っている。  ベトナムでセラミッ...>> 続き
ザライ省:省内初の風力発電所を着工、地場とタイ企業 (5日)
 再生可能エネルギー事業を手掛ける地場HBREグループはこのほど、タイ同業のスーパー・エナジー(Super Energy)と共に、南中部高原地方ザライ省チュープロン郡ラーフィン村(xa La Phin, huyen Chu Prong)で、省内...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)