ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画館市場、外資系3社がシェアの8割を占める

2017/03/06 17:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 韓国証券大手KDB大宇証券のレポートによると、ベトナムにおける映画館市場のシェアの98%を5社が握っており、このうち韓国系2社とインドネシア系1社の上位3社だけで83%を占めている。

 最も大きなシェアを占めているのは、韓国系のシネマコンプレックス(シネコン)最大手CJ CGVベトナムだ。CGVベトナムのシェアは43%に達しており、2016年末時点で同社が展開するシネコンのサイト数は38か所、スクリーン数は247となっている。同社の2016年売上高は前年比+3.3%増の1兆8230億VND(約91億円)、税引後利益は同3倍の930億VND(約4億6500万円)と好調だった。

 2位はシネコン29か所を運営している韓国系ロッテシネマ(Lotte Cinema)で、シェアの30%を占めている。同社の2016年上半期における売上高と税引後利益の前年同期比の伸び率はそれぞれ+29.9%、+87.6%だった。

 3位はハノイ市におけるシネコン最大手のインドネシア系プラチナム・シネプレックス(Platinum Cineplex)で、シェアは10%。しかし、同社の運営するシネコン5か所のうち3か所が閉鎖されるため、今後はシェアが縮小すると見られている。

 地場企業としては、ギャラクシーシネマ(Galaxy)がシェア9%で4位に立っているほか、BHDスターシネプレックス(BHD Star Cineplex)がシェア6%で5位となっている。両社はそれぞれ7か所のシネコンを運営している。

 ベトナムの大都市では、映画館での映画鑑賞の需要が増えており、観客が1回の鑑賞に支払う金額も増加している。ベトナムにおいて観客が1回の鑑賞に支払う金額は4.04USD(約452円)で、韓国の6.29USD(約704円)を下回るが、伸び率は同国を上回っている。

[Minh Son, VnExpress, 15:33 (GMT+7) 23/2/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
FPTジャパン、札幌に事業所を開設―日本8拠点目 (3:21)
 通信・IT分野最大手FPT情報通信[FPT](FPT Holdings)の日本法人FPTジャパンホールディングスは10月1日、北海道札幌市に新事業所を開設した。  同事業所は、FPTにとって東京、大阪、名古屋、福岡、静岡、横浜...>> 続き
ハノイのBRT、利用者は定員の50%―非効率運営続く (22日)
 政府調査機関は、ハノイ市のバス高速輸送システム(BRT)1号線整備プロジェクトの調査結果を発表し、この中で同市人民委員会の多くの違反を指摘した。  ハノイ市のBRT1号線(バーディン区キムマーバスターミナ...>> 続き
物流配車アプリ「EcoTruck」、国内外の投資ファンドから170万USD調達 (22日)
 物流分野の配車アプリを展開するスタートアップ企業、エコトラック(EcoTruck)は、プレシリーズAラウンドと呼ばれる初期段階の資金調達で、国内外の複数の投資ファンドから計170万USD(約1億9000万円)の出資を受...>> 続き
ホーチミン:交通渋滞と事故の削減に96兆VND (22日)
 ホーチミン市人民委員会はこのほど、2018~2020年における同市の交通渋滞と交通事故の削減計画を発表した。計画に充てられる予算は96兆VND(約4600億円)以上となる。  計画によると、同市は今後2年間で総延...>> 続き
バイオエタノール工場が3年ぶり稼働再開、19年に3万5000m3生産へ (19日)
 ビンソン製油石化[BSR](Binh Son Refining & Petrochemical)の子会社、中部バイオエタノール(BSR-BF)は14日、南中部沿岸地方クアンガイ省のズンクアット経済区でズンクアット・バイオエタノール工場の稼働を再...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)