ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム映画館市場、外資系3社がシェアの8割を占める

2017/03/06 17:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 韓国証券大手KDB大宇証券のレポートによると、ベトナムにおける映画館市場のシェアの98%を5社が握っており、このうち韓国系2社とインドネシア系1社の上位3社だけで83%を占めている。

 最も大きなシェアを占めているのは、韓国系のシネマコンプレックス(シネコン)最大手CJ CGVベトナムだ。CGVベトナムのシェアは43%に達しており、2016年末時点で同社が展開するシネコンのサイト数は38か所、スクリーン数は247となっている。同社の2016年売上高は前年比+3.3%増の1兆8230億VND(約91億円)、税引後利益は同3倍の930億VND(約4億6500万円)と好調だった。

 2位はシネコン29か所を運営している韓国系ロッテシネマ(Lotte Cinema)で、シェアの30%を占めている。同社の2016年上半期における売上高と税引後利益の前年同期比の伸び率はそれぞれ+29.9%、+87.6%だった。

 3位はハノイ市におけるシネコン最大手のインドネシア系プラチナム・シネプレックス(Platinum Cineplex)で、シェアは10%。しかし、同社の運営するシネコン5か所のうち3か所が閉鎖されるため、今後はシェアが縮小すると見られている。

 地場企業としては、ギャラクシーシネマ(Galaxy)がシェア9%で4位に立っているほか、BHDスターシネプレックス(BHD Star Cineplex)がシェア6%で5位となっている。両社はそれぞれ7か所のシネコンを運営している。

 ベトナムの大都市では、映画館での映画鑑賞の需要が増えており、観客が1回の鑑賞に支払う金額も増加している。ベトナムにおいて観客が1回の鑑賞に支払う金額は4.04USD(約452円)で、韓国の6.29USD(約704円)を下回るが、伸び率は同国を上回っている。

[Minh Son, VnExpress, 15:33 (GMT+7) 23/2/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
中国からのODA、「慎重に検討を」―計画投資省が報告 (17日)
 計画投資省はこのほど、「2018~2020年の政府開発援助(ODA)及び無償援助資金の誘致・管理・使用方針、2025年までのビジョン」をグエン・スアン・フック首相に報告した。この中で同省は、中国からのODAについて...>> 続き
商工省、市場管理局を総局に格上げへ (17日)
 商工省は、同省傘下の市場管理局を総局に格上げする形で、中央から地方までの市場管理を一括管理する「市場管理総局」を設立する。人材を削減し、政策を効率的に運用することが狙いだ。  市場管理総局は、◇...>> 続き
グラブ、カインホア省でのサービス試行停止に反発 (17日)
 シンガポールを本拠地として東南アジア各国でタクシー配車・予約サービスを展開するグラブ社(Grab)のベトナム現地法人、グラブベトナム社(Grab Vietnam)が南中部沿岸地方カインホア省で展開するチャーター車両...>> 続き
H&M、ハノイとホーチミンに2店舗同時オープンへ―全国6店舗に (17日)
 スウェーデンのアパレルメーカー、エイチ・アンド・エム・ヘネス・アンド・マウリッツ(H & M Hennes & Mauritz AB)は9月8日、ハノイ市とホーチミン市にファッションブランド「H&M」の新店2店舗を同時オープンす...>> 続き
SBIなど8社、地場最大手マーケットプレイスに出資―総額5100万USD (17日)
 SBIホールディングス株式会社(東京都港区)は、ベトナムのC2C(Consumer to Consumer=消費者間取引)オンラインマーケットプレイス最大手のセンドー・テクノロジー(Sen Do Technology、ホーチミン市)に追加出資す...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)