ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ネット通販の販促活動、SNSへの広告掲載からライブ配信へ

2017/06/23 06:07 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress

 フェイスブック(Facebook)でインターネットショップを運営する企業や個人が増えているが、商品のプロモーション方法がソーシャルメディアへの広告掲載から米国のライブ配信サイト「ライブストリーム(Livestream)」を利用するかたちに変わりつつある。

 ライブストリームでは映像や音声をリアルタイムで配信することができ、視聴者はフェイスブックやツイッター(Twitter)のチャット機能を利用してリアクションやコメントをすることができる。

 販売者は商品を実際に使用している様子を消費者向けに配信し、商品に興味を持った消費者がライブ映像を視聴し、商品について質問したり視聴者同士で意見交換をする。販売者はコストをかけずに多くの消費者に商品のプロモーションができるだけでなく、消費者も商品を手に取って品定めがでいないというオンラインショップの難点を解決し、ライブ映像やチャットにより使用感など生の声を聴くことができるのだ。

 全く有名でない一般人でもライブストリームで商品をプロモーションすれば再生回数は数千回に上り、有名人ともなるとさらに増える。化粧品メーカーなどの企業も有名芸能人に商品を使用してもらう様子を配信するライブストリームによる販売促進活動に積極的だ。

 2016年11月には某化粧品メーカーが、女性歌手トック・ティエン(Toc Tien)が同社の口紅を試す様子を配信した。30分ほどのライブ配信だったが、再生回数16万回、コメント3000件、リアクション1万2000件と大反響だった。このほかにも、女優や人気ブロガーが商品を試すライブ配信はいずれも反響が大きいという。

 中国の大手通販会社アリババ(Aribaba)はライブ配信による売上増に成功したことで知られるが、東南アジア最大の大手通販会社ラザダ(Lazada)もこの手法でタイやインドネシアで売り上げを伸ばしている。

 ラザダ・ベトナムは27日から30日にかけて4日間にわたり多数の有名人を招き家電製品や衣料品、子供用品、化粧品などを試用する様子をホームページやアプリ、ファンページで同時にライブ配信する。ライブ1回の配信は45分から1時間を予定しており、再生回数は30万~40万回に達すると見込まれている。

 ラザダ・ベトナムのCEOアレクサンダー・ハーディ氏は、ベトナムは国民の3分の1にあたる3500万人がフェイスブックを利用しているとされていることから、オンライン通販のポテンシャルが非常に高いと評価している。

[Vien Thong, VnExpress, 20/6/2017 09:30 GMT+7, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2 (16:39)
 ベトナムにはセラミックタイルのメーカーが80社余りあり、年産能力は約7億m2に達している。生産量は世界4位、消費量でも世界4位以内で東南アジア諸国連合(ASEAN)では1位に立っている。  ベトナムでセラミッ...>> 続き
ザライ省:省内初の風力発電所を着工、地場とタイ企業 (16:07)
 再生可能エネルギー事業を手掛ける地場HBREグループはこのほど、タイ同業のスーパー・エナジー(Super Energy)と共に、南中部高原地方ザライ省チュープロン郡ラーフィン村(xa La Phin, huyen Chu Prong)で、省内...>> 続き
中銀、顧客への貸付契約を担保に金融機関に再割引融資―新通達で (15:58)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)はこのほど、金融機関向け再割引融資について定める通達第24号/2019/TT-NHNNを発出した。同通達は2020年1月18日に発効する。  新通達によると、中央銀行は金融機関の資金流動性...>> 続き
韓国のエネルギー企業、電力需要が増加するベトナムで積極受注 (15:51)
 経済成長で需要が増すベトナムの電力需要を見込み、韓国のエネルギー企業がベトナム市場での受注に乗り出している。  GSグループのGSエナジーは11月、英系ファンド運用会社ビナキャピタルと、ベトナム南部...>> 続き
ラオカイ省:サパ空港の計画再調整、投資総額+57億円引き上げ (14:37)
 交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)および西北部地方ラオカイ省人民委員会はこのほど、交通運輸省が承認したラオカイ省バオイエン郡カムコン村(xa Cam Con, huyen Bao Yen)における2030年までのサパ空港建設...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)