ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

FPTソフトウェア、自動運転車の走行実験で対象地域を拡大へ

2018/05/17 05:07 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnreview
(C) vnreview 写真の拡大

 通信・IT分野最大手FPT情報通信[FPT](FPT Holdings)傘下のFPTソフトウェア(FPT Software)は、同社が開発する自動運転車の走行実験の対象範囲拡大について交通運輸省に申請した。

 対象地域は、◇ホアラックハイテクパーク(ハノイ市)、◇FPTシティ・ダナン都市区(南中部沿岸地方ダナン市)、◇サイゴンハイテクパーク(ホーチミン市)の3か所。同3地域での走行実験の後、公道での走行実験も計画している。

 FPTソフトウェアは2016年に自動運転車の研究を開始し、2017年10月に国内初の自動運転車を発表した。これまでに同社敷地内で1000時間以上の走行実験を実施した。走行実験では、天気に関わらず事故を起こさないという結果が出ている。

 米国運輸省の定義によると、自動運転にはレベル1~5の区分がある。FPTソフトウェアの自動運転車はそのレベル2に当たる。同社は今後2~3年以内にレベル3の達成に向け、カーナビや音声による制御など他の機能を開発し搭載する計画。

 同社は現在、世界企業約40社に向けた自動車・自動運転車に関するプロジェクトを展開している。2020年までに自動車・自動運転車関連事業による売上高を2億USD(約220億円)とすることを目指す。

[Cafef等, 14/05/2018 21:04 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:ヤギ肉の消費量が増加、全国で最多 (20日)
 ホーチミン市では毎年数万tのヤギ肉が消費されており、同市はベトナム国内で最も多くヤギ肉を消費する地方となっている。  南部農業農村戦略政策センター(SCAP)によると、消費者の間でクリーンかつ感染の危...>> 続き
フーイエン省初の太陽光発電所が着工、投資総額4.9兆VND (20日)
 地場チュオンタイン・ベトナム・グループ(Truong Thanh Viet Nam Group)およびタイのグリムパワー(Grimm Power)は17日、南中部沿岸地方フーイエン省フーホア郡ホアホイ村で同省初となる太陽光発電所を着工した...>> 続き
ビンファスト、ベトナムで自動車と電動バイクをお披露目―予約受付開始 (20日)
 地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC]傘下のビンファスト(VinFast)は20日、自社の自動車3車種と電動バイク「クララ(Klara)」の販売を一斉に開始する。  これに先立つ3日、同社は電動バイク...>> 続き
地場配車アプリ「FastGo」、ミャンマー進出へ (20日)
 ベトナムでスマートフォン向け配車アプリ「ファストゴー(FastGo)」を展開する地場系ファストゴー(FastGo)はこのほど、ミャンマーのアジア・サン・グループ(Asia Sun Group)との間で、ミャンマーでの配車サービ...>> 続き
APEC首脳会議が閉幕、史上初の首脳宣言なし―米中対立で (19日)
 パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで17日と18日、第26回アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議が開催された。パプアニューギニアのピーター・オニール首相が議長を務め、ベトナムからはグエン・スアン・...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)