ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

TPP11、ベトナムは次期国会で批准の見通し

2018/07/23 15:40 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 ベトナムが締結している「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」の国内手続きの完了について、ベトナム外務省のレ・ティ・トゥー・ハン報道官は19日に開かれた同省の定例記者会見で、「商工省が手続きを実施中で、次期国会に上程する」と発表した。

 参加国11か国のほかにタイやコロンビアなど複数の国・地域がTPP11への参加の意欲を示していることについて、「同協定の規定に同意し、さらに参加国から参加を認められれば、いかなる国・地域も参加することができる」と発言した。

 TPP11協定は、アジア太平洋地域において物品およびサービスの貿易並びに投資の自由化と円滑化を進めるとともに、知的財産、電子商取引(eコマース=EC)、国有企業、環境など幅広い分野で新たなルールを構築するための環太平洋パートナーシップ協定の内容の実現に向けた法的枠組みについて定めるもの。

 TPP11参加国は、ベトナム、日本、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポールの11か国となっている。

 TPP11協定第3条では、効力発生の要件として同協定の署名国の過半数がそれぞれの関係する国内法上の手続きを完了した旨を書面により寄託者(ニュージーランド)に通報した日から60日後に発効すると規定している。現時点で、メキシコと日本が国内手続きを完了している。

[Zing, 16:30 GMT+7 19/07/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン:2か所目の廃棄物発電所が着工、1日当たり2000t処理 (18日)
 タムシンギア投資開発社(Tam Sinh Nghia Investment - Development)は14日、ホーチミン市クチ郡で廃棄物発電所を着工した。同市の廃棄物発電所としては2か所目となる。  同発電所の1日当たりごみ処理能力は...>> 続き
韓国保健福祉省がビンコマースと提携、韓国化粧品のベトナム販売で (17日)
 韓国保健福祉省と韓国保健産業振興院は12日、地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンコマース貿易サービス(ビンコマース=Vincommerce)と、ベトナムにおける韓国化粧品の流通...>> 続き
ロンタイン空港、道路3本と鉄道2路線が接続―FS報告書 (17日)
 東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡で建設が計画されているロンタイン国際空港案件(第1期)の事業化調査(FS)報告書が、政府から国会に提出された。それによると、道路3本と鉄道2路線が空港に接続する。  道路...>> 続き
サイゴンコープ、ホーチミン9区でショッピングモール開発へ―市内2か所目 (17日)
 小売最大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)傘下のサイゴンコープ開発投資[SID](Saigon Co.op Investment Development=SCID)はこのほど、ドンサイゴン投資(Dong Sai Gon Investment)と...>> 続き
中国物流大手、ベトナムでエクスプレス配送サービスを開始 (17日)
 中国の杭州に本社を置くロジテスティクス企業のベスト社(BEST Inc.)はこのほど、ベトナムでエクスプレス配送サービス「ベストエクスプレス(BEST Express)」を正式に開始した。全国にサービスセンター7か所を開...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)